プログラマー転職のことなら【プロ転】

プログラマー 転職 未経験

  1. プログラマーの仕事ってなに?
    1. プログラマーの仕事内容とは?
    2. システムエンジニアとの違いは?
    3. プログラマーの仕事内容を通して得られるものとは?
    4. プログラマーの仕事は常に学び続けること
  2. プログラマーになるためには?
    1. プログラマーになるために必要な資格や適性
    2. プログラマーになりたい方へ
  3. プログラマーに資格は必要?
    1. プログラマーの仕事とは
    2. プログラマーに必須の資格はある?
    3. プログラマーにおすすめの資格
    4. 必須ではないが資格取得がおすすめ
  4. 未経験でもプログラマーになれる?
    1. プログラマ-は未経験でも募集されている
    2. 未経験の人がプログラマーになるのに必要な準備
      1. 情報技術全般に対する基礎的な理解
      2. 最低一つのプログラミング言語の習得
      3. コミュニケーションスキルの向上
    3. 未経験の人向きのプログラマー転職方法
      1. 就職支援付きの専門学校やスクールを利用する
      2. 業界専門の転職エージェントを利用する
    4. 未経験の人も準備を整えて転職を目指そう
  5. プログラマーの就職状況について
    1. プログラマーの求人状況
    2. プログラマーの就職先
    3. プログラマーの就職状況のまとめ
  6. プログラマーの平均年収は?
    1. プログラマーの平均年収と給料の実態
      1. プログラマーの平均年収の状況
      2. プログラマーの給料の実態
    2. プログラマーが年収を上げるコツ
      1. 自分の適正年収を知る
      2. トレンドのスキルを身につけて転職する
      3. 実績を上げてスペシャリストになる
      4. 転職エージェントを活用する
    3. 適正年収を上げて転職しよう
  7. プログラマーの転職方法は?
    1. 求人サイトから応募する
    2. 転職エージェントを利用する
    3. 就職支援付きセミナーを活用する
    4. より良い方法を選んで転職しよう

プログラマーの仕事ってなに?

IT関係の転職先を探していると、必ずと言って目にする「プログラマー」という職種。言葉はよく聞くけれど、具体的にどのような仕事をしているか知っていますか?

プログラマーとはその名の通りプログラミングに関する作業を行うエンジニアを指す言葉ですが、この記事ではそのプログラマーの仕事内容について分かりやすく紹介していきます。

プログラマーの仕事内容とは?

プログラマーとは、プログラム言語と呼ばれる特別な言葉を用いて色々なシステムを構築する仕事です。

電子機器や様々なソフトウェアを動かしているプログラムにおいては、「この部分を押したら画面を切り替えてこのように表示してくださいね」と言ったコンピューターへの指示が必要です。

コンピューターに指示をするために、プログラム言語で命令文(コード)を書くことが、プログラマーの仕事と言えるわけです。

ここで使うプログラム言語は複数あり、用途に合ったものを適切に使用して命令をする必要があります。

人間関係でも人に誤解なく物事をうまく伝えたり、理解しやすい表現をするのには技術が必要です。

それと同じように、コンピューターに対しても不具合が起こりにくく無駄のない指示を出すには知識や経験が大切になります。

日進月歩で進化する技術やサービスを支えるため、様々な言語を日夜学び続ける必要があることもプログラマーの仕事の特徴ともいえるでしょう。

またシステムを実際に動かしてみて不具合(バグ)を見つけることもプログラマーの仕事です。

設計図通りに命令文を書いたとしても、思った通りにコンピューターが動かないことがあります。

完全な状態で納品するため、何度もテストを繰り返して、使用者が意図しない動きをしないようにチェックするのです。

プログラマーが手掛ける仕事は多種多様で、web、ゲーム、電化製品など商品として形になるものから、社内のシステムの構築や交通や工場の設備制御に関するものまで多岐に渡ります。

システムエンジニアとの違いは?

プログラマーとよく似ており、混同されやすい職種にシステムエンジニアがあります。

こちらとの違いは一体何でしょうか。

システムエンジニアもプログラマーもどちらも情報技術を使って仕事をする点では同じで、確かによく似ています。

しかし大まかな違いを説明すると、システムエンジニアは「こんなシステムが作りたい」という計画を立てる役割を担い、プログラマーはそのデザインを実現するために、コンピューターに実際に指示を出すコードを書く役割を担っています。

つまりプログラマーはシステムエンジニアが出す仕様書に従って、プログラム言語に置き換えて命令を具体的にする仕事をするのです。

だからといってプログラマーは言われたことをやればいいという訳ではありません。

実際にはその二職種の境界は重なる部分が多く、スキルの高い経験豊富なプログラマーであればかなり創意的な仕事に取り組んでいる人も少なくありません。

プログラマーの仕事内容を通して得られるものとは?

プログラマーへの転職を考えている方であれば、その仕事内容からどのようなやりがいが得られるのか気になるところでしょう。

プログラマーは非常に社会貢献性の高い仕事です。

スマートフォンやパソコンの普及率は今やかなり高くなっています。

そのような電子機器を利用して受けられるサービスは誰にでも身近なものであると言えるし、医療分野や介護分野など福祉にかかわる業界でもIT技術が多くの人を助けています。

そのようなシステムの開発にかかわり、自身が書いたプログラムが実際に動いているのを感じることは、間違いなく大きなやりがいに繋がるでしょう。

またその仕事内容から、IT企業のみならず家電や車などのメーカーからゲームに関する企業まで、プログラマーを必要とするところは幅広く、スキルを持ったプログラマーはその需要が非常に高まっています。

なぜなら構築したいシステムによって必要とされるプログラム言語が異なるため、目的に見合ったコードが書きわけられるプログラマーは非常に貴重だからです。

向上心をもってスキルを高め、複数の言語を使いこなせるプログラマーであれば活躍の場は広く、高収入を見込むことも可能なのです。

プログラマーの仕事は常に学び続けること

ますます便利になっていく情報技術を支えているのがプログラマーの人々です。日進月歩で進化するその技術の為に常に新しいものを取り入れ、学び続けることが重要な職種であると言えますが、その仕事内容は非常にやりがいのあるものと言えるでしょう。

パソコンやインターネットが好きで、向上心のある方にとっては、とても良い転職先になるはずです。

Freeks(フリークス)9,800円プログラミングスクール

【Freeks】は、月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題、通い放題のプログラミングスクールとなっていてその他にも勉強会参加、転職サポートなども追加料無しで受けることができます。
プログラミングを学びたいと思っても、受講するにはどのスクールも30万円~80万円と高額のため学ぶことに躊躇していた方や、月額数千円で学べたとしても、わからないことがあった時に質問できる環境がなく、挫折してしまった経験がある方などの悩みを解決すべくできたプログラミングスクールです。

 

プログラマーになるためには?

プログラマーという職業にもさまざまな種類が存在します。

主に企業などのホームページを作成する方がWEBプログラマーです。

近年では、スマートフォンやパソコンのアプリを開発するアプリケーションプログラマーも注目を集めています。

さらに、コンピューターゲームのデザインやグラフィック等を手がけるゲームプログラマーを目指す方もいます。

そのため、ゲーム会社に勤務していた方が転職してプログラマーになるというケースもあります。

このように、種類によって仕事が大きく変わってくるため、プログラマーになるためには自分に合った種類の勉強をしていく必要があります。

漠然と選んでしまうと、思い描いていた仕事とかけ離れてしまう可能性があるので注意が必要です。

プログラマーになるために必要な資格や適性

プログラマーを目指す際に取っておくと良い資格として、ITパスポート試験が挙げられます。

こちらの資格は国家資格であり、ITやプログラミングの基本的な知識や技術を中心として学ぶことができます。

合格率は50%前後を推移していることから分かるように決して簡単な試験ではありません。

日常生活においてあまり聞き慣れない言葉を覚えていくのは大変かもしれませんが、勉強するたけでも仕事に役立つのでITパスポート取得は1つの大きな目標となると言えるでしょう。

他に取得しておくと有利になる資格として、基本情報技術者試験もあります。

こちらの資格もITパスポート試験と同様に国家資格の1つとして数えられ、ITパスポート試験と比較するとやや高度な知識や技術が求められる試験となっています。

そのため、基本情報技術者試験はITパスポート試験を合格した方が次に目指す国家資格だと考えておいた方が無難です。

決して資格を取得することは容易ではありませんが、基本情報技術者試験を合格するレベルにまで知識を習得しておくと、プログラマーの仕事をしていく上で大きな力となります。

資格試験自体の知名度も高いため、IT業界から信頼を得られやすいと言えます。

さらに、C言語プログラミング能力認定試験もプログラマーを目指す上で取得した方が良い資格となります。

C言語とは汎用性の高いプログラミング言語の1つです。

こちらの試験は1級から3級までステップがあるので、自らのレベルに合わせて受験することができます。

国家資格ではありませんが、C言語を中心に学んでいくことで、その他のプログラミング言語に対する理解度も深めることが可能です。

勉強した内容がそのまま仕事に生かすことができるので、積極的に受験して損することはないでしょう。

プログラマー 転職

プログラマーになりたい方は、作業の道筋を組み立てていく論理的思考力が求められます。

このことから、数学の問題を解くことが得意な方はプログラマーの適性があると言うことができるでしょう。

しかし、決して文系の方がプログラマーになれないということではありません。

寧ろ、文系の方も論理的思考力が求められる学問に触れていることが多々あるので、プログラマーに適している方は少なくはないのです。

加えて、プログラミングは専門的な内容を学ばなければならないので、好奇心や向上心に溢れている方も向いている職業と言えます。

そして、意外に感じる方もいるかもしれませんが、プログラマーにはコミュニケーション能力も求められます。

コンピューター等の大きなシステムを開発する際には、大多数の人数がチームを組んで対応していかなければなりません。

プログラミングは決して1人だけでできるような仕事ではないのです。

チームで作業する場合には、当たり前ですがチームワークが必要となります。

そのチームワークを結束させるための基本がコミュニケーションです。

一緒に働いている方の意見を取り入れ、自らの意見もしっかりと提案することができる能力はプログラマーに必要不可欠なスキルとなります。

プログラマーになりたい方へ

プログラマーはIT技術が進歩した社会において、非常に需要が高い職業の1つです。

仕事をしていく上で思わぬトラブル等に悩まされることは多々ありますが、チームが結託することで大きな成果を残すことができます。

プログラミングスキルを自分なりに磨いていきながら、向上心を持って仕事に取り組むことがプログラマーになるための必要条件です。

IT・Webエンジニアの転職なら【社内SE転職ナビ】

社内SE転職ナビは社内SEに特化したエンジニア専門の転職メディアです。
より具体的なサポートをご希望の方には業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポート。
最適なキャリア形成をアドバイスいたします。

 

プログラマーに資格は必要?

プログラマーは、ITに関する知識やプログラミング言語を使ったプログラムのスキルなど幅広い知識と能力が求められる仕事です。

転職の際などは、経験が重視されることが多いですが、働くうえで必要な資格はあるのでしょうか。

この記事では、プログラマーの仕事について整理し、関連する資格とその必要性について紹介します。

プログラマーの仕事とは

そもそも、プログラマーとはどのような職種なのでしょうか。

似た職種にシステムエンジニアがありますが、システムエンジニアがシステムやソフトウェア開発の全体の設計を行うのに対し、プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書に基づいて「プログラミング言語」と呼ばれる様々な言語を用いてコンピューターを動かし、プログラムを作り上げる役割を担います。

そのためプログラマーは、エンジニアとしてのキャリアを積むことができる最初の仕事にあたります。

プログラマーが作るシステムは様々な分野のものがあり、基本的には専門の分野に関して経験を積んでいくこととなります。

例えば、webサイトを作るwebプログラマーやゲームのプログラミングを行うゲームプログラマーなどその仕事内容は幅広いのが特徴です。

スマートフォンの普及により身近なものとなったアプリを作るのもプログラマーの仕事です。

その他、設備の制御システムやネットワークシステム、社内システムなどあらゆるシステムを手掛けます。

このように生活に欠かせないシステムのプログラミングを行うことで達成感ややりがいを感じることができるのが魅力のひとつです。

プログラマーに必須の資格はある?

結論から言うと、持っていなければプログラマーとして働けないという必須の資格や免許はありません。

そのため、プログラマーとして仕事をするには資格以外の知識や技術も習得する必要があります。

自分の目指す分野のプログラミング言語に関するスキルを磨くのはもちろんですが、数多くあるプログラミング言語の知識を少しずつ増やしていくことで、活躍の場を広げることができます。

また、常に新しいバージョンに関する知識へアップデートしていく必要があるため、学ぶ姿勢と向上心が求められます。

また、プログラマーとして採用されるためには、資格よりも経験や実力が重視される傾向があります。

そのため、採用試験などでは実際のプログラミング能力がわかるような成果物を求められることが多いのが特徴です。

未経験者の場合も、実際に自分でプログラミングしたアプリなど提出できるものを準備しておく姿勢が大切です。

その他、チームを組んでプロジェクトを進めていくことが多いため、周囲と上手く連携をとることができるコミュニケーション能力が重視されるなど、実際に仕事を進めるうえでのスキルが求められることがほとんどです。

ただし、知名度の高いIT系の資格やプログラミング言語の資格は、持っておくと一定程度の知識と技術を持っていると評価され、就職活動において有利に働く可能性があります。

プログラマー 転職 ポートフォリオ

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーとして働くにあたって必須ではありませんが、転職やキャリアアップを目指す際などに自身のスキルを証明するひとつの手段として、資格を取得するのもおすすめです。

まず、技術者として働くうえで必要となる基本的な知識を習得できる資格として「ITパスポート」が挙げられます。

プログラミングのスキルを試すものではありませんが、ITに関する知識をはじめとした幅広い分野について学ぶことができる国家資格です。

その他のIT関連の国家資格としては、主に情報処理技術者に向けた「基本情報技術者試験」があります。

内容はITパスポートよりも深く、ITエンジニアとしてキャリアを積むための幅広い知識を身につけることができます。

特定のプログラミング言語に関する知識やスキルの証明に役立つのが、「Java」の資格試験である「Oracle Certified Java Programmer」や「C言語」の資格試験である「C言語プログラミング能力認定試験」、「Ruby」の資格試験である「Ruby技術者認定試験制度」などです。

これらは、知名度が高く転職の際などに役立つ資格といえます。

また、求められるスキルの水準が高いため評価につながりやすく、IT業界でより高いレベルでの活躍を目指す際におすすめの資格です。

必須ではないが資格取得がおすすめ

プログラマーとして転職するにあたって、資格は必須ではありません。

しかし、転職活動などで自身がこれまで身につけた知識や技術を分かりやすく証明するためには資格の取得が有効です。

資格取得を目指すことで、基礎的な知識を改めて学んだり専門の言語についてよりスキルを磨いたりすることができます。転職を検討する際は、ぜひ参考にしてみてください。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

 

未経験でもプログラマーになれる?

専門性が高い職種なのでプログラマーに転職するには経験がないと無理ではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、未経験でもプログラマーをめざすことはできます。

この記事では未経験の人がプログラマーになるためには何が必要なのかをわかりやすく解説します。

必要な準備と転職活動の進め方のポイントを押さえておきましょう。

プログラマ-は未経験でも募集されている

プログラマーはIT業界における欠かせない人材です。

未経験の人でもプログラマーに転職できる可能性があるのは、IT業界の人気が高いにもかかわらず、それ以上のニーズがある状況がずっと続いてきているからです。

競争が激しい業界なので少しでも開発スピードを上げなければならないのがIT業界の特徴として知られています。

開発のボトルネックになるのはプログラミングのことが多いため、プログラマーをいかに確保するかが企業にとっては生き残りをかけた切実な課題なのです。

結果としてプログラマーが全体として不足してしまい、初心者や未経験者でも雇って育てるという方針の企業が多くなっています。

未経験の人がプログラマーになるのに必要な準備

未経験の人がプログラマーを目指すには何を準備したら良いのでしょうか。希望する転職先によって要求されるスキルには違いがありますが、以下に挙げる3つはほぼ必須なので必ず身につけておきましょう。

情報技術全般に対する基礎的な理解

プログラマーにとって基礎となるのが情報技術の知識です。

職務としてはプログラミングをすることになりますが、開発を進める上では情報技術全般の基礎的な理解がないと難しいでしょう。

情報処理技術者試験に合格することを目指して勉強をすると資格も取れるので魅力的です。

資格は転職するのに必須ではないものの、実力があることを示す根拠になるので取得しておくに越したことはありません。

最低一つのプログラミング言語の習得

プログラマーが業務をこなすためにはプログラミング言語の習得が必須です。

最低でも一つはプログラミング言語を習得して使いこなせるようになりましょう。

働きたい職場が決まっている場合には、その現場で使用されているプログラミング言語を選ぶのが最適です。

ただ、C言語などのように初心者が一から学ぶのは難しいプログラミング言語もあります。

PHPやJava、Pythonなどの比較的学びやすい言語から始めて、慣れてきたら別の言語も習得するという流れの方がかえって時間がかからずに済むでしょう。

コミュニケーションスキルの向上

プログラマーにはコミュニケーションスキルが求められるようになってきています。

単独で働いていても仕事にならない現場がほとんどなので、エンジニアなどの他のスタッフとうまく意思疎通を取れるようにコミュニケーションスキルを学んでおきましょう。

最近ではリモートワークをするケースも増えているので、電話会議やチャットによる情報共有の仕方にも慣れておくとスムーズに現場入りできます。

web プログラマー 転職

未経験の人向きのプログラマー転職方法

実際に未経験の人がプログラマーへの転職を目指すときにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

基本的には支援を受けて転職するのが安心な方法です。

以下に挙げる二つの方法からどちらが自分に合っているかを考えて選びましょう。

就職支援付きの専門学校やスクールを利用する

専門学校や一部のスクールでは就職支援を行っています。

数ヶ月から二年くらいの期間、じっくりとプログラマーとしての基礎や実践的な技術を学ぶことができ、身につけた技術を使って働ける職場を斡旋してもらえるのが一般的です。

勉強もサポートしてもらえるので、プログラマーへの転職を総合的に支援してもらいたい人に向いています。

業界専門の転職エージェントを利用する

自分で学習を進められる人の場合には転職活動だけ支援をしてもらうのが合理的です。

IT業界でエンジニアやプログラマーを専門に扱っている転職エージェントを使うと転職先が見つかりやすいでしょう。

しっかりとマッチングをしてくれるので、自分なりに身につけてきたスキルを活かせる現場を探してもらえます。

初心者でも採用したいという意思を持っている企業を厳選してくれるので安心です。

未経験の人も準備を整えて転職を目指そう

プログラマーの人材不足が慢性化しているお陰で未経験の人でもプログラマーに転職できる可能性は十分にあります。

プログラミングスキルなどの必要なスキルを習得して準備を整え、転職活動を開始しましょう。

就職や転職の支援を受けると未経験の人でも職場を見つけやすくなるので、スクールや転職エージェントを活用するのが大切です。

案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】

フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】WEBエントリ ー。
業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名のギークスジョブだからこそご紹介できる案件や、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制を強みとしております。
保有案件は『週5日』『現場常駐型』がメインとなります。

 

プログラマーの就職状況について

プログラマーとしてキャリアを積んできた人は、より実力を評価してくれる会社や、やりがいのある仕事を提供する企業に転職したいと考えることがよくあります。

では、今現在のプログラマーの求人の状況はどうなっているのでしょうか。

また、就業先としてどんな企業があり、どんな特徴があるのでしょうか。こちらではプログラマーの就職・転職情報をご紹介します。

プログラマーの求人状況

まず、IT関連の求人状況ですが、どの企業でもIT化が進められており、それに伴ってIT関連の求人は安定して見つけることができます。

次にプログラマーの状況ですが、最近では「2025年の崖」という言葉で表される既存システムによるリスクや限界が近づいているため、デジタルトランスフォーメーションの必要性から、元々慢性的な人手不足が叫ばれるプログラマーのニーズがさらに増しています。

そのため、20代から30代で着実にキャリアを積んできたプログラマーの就職率は高く、それらの方が転職活動を始めると、すぐに数社の内定を得ることができるなど、転職者側に有利な状況です。

企業としては即戦力を採用することでコスト削減を目指していますが、未経験者であってもその企業で必要とされるプログラミング言語を習得していれば、ポテンシャル採用するケースも目立っています。

プログラマー 転職 30代

プログラマーの就職先

プログラマーの就職・転職先というと、IT企業というイメージがまだまだ根強いようです。

ですが今では様々な企業や業種で採用しており、IT企業だけでなくそれ以外の企業や業種での就職率も高くなっています。

また、IT企業の中でもプログラマーの役割が細分化されていて、それに伴いプログラマーの就職活動の幅も広がっています。

では実際、どんな企業や業種で採用されているのでしょうか。

プログラマーを採用する企業・業種と求める人物像について考えてみましょう。

プログラマーを特に必要としているIT企業にSIがあります。

SIは仕事を受注した各企業で抱える問題をITの力で解決するため、それぞれの企業に合わせたシステムを開発・導入するのが仕事です。

企業の要望はまちまちで、それらのニーズにぴったり合ったプログラム開発が必要であるため、プログラマーが大量採用されるケースが多くなっています。

SIでプログラマーを目指したい人は、顧客のニーズに目を向け、顧客が抱える問題を解決することに喜びを持っているとモチベーションを保ちやすく、やりがいを感じることでしょう。

それぞれの企業に必要とされるプログラム開発とは逆に、世の中全体のニーズにマッチするパッケージソフトを作成したり、ウェブサービスを展開する企業でもプログラマーの需要は増しています。

その中でもパッケージソフトを開発する会社では、企業や個人が求めている機能を調査し、提供するサービスを具体化していきます。

比較的自由度が高く、自分が開発したソフトウェアが世の中で広く使用されることに喜びを感じる方はこのような企業での就業に向いていることでしょう。

また、ウェブサービスを展開する企業では専門性を重視した人材育成をしているので、現場で活躍し続ける実力を磨くとともに、マネージャーとして活躍することもできます。

また、他のプログラマーよりも狭い領域での仕事内容となるため、独立して仕事をしたり自分のライフスタイルに合わせた働き方も可能になので、多様な将来性を考える人には人気があります。

IT企業以外でプログラマーを採用している企業は、メーカー・金融・流通・建設・小売など多岐にわたります。最近では利益率を上げるため、ヒューマンエラーや無駄を極力排除するべくITを駆使して製品やサービスを展開する企業が増え、それらを実現するためにプログラマーを多く採用しています。

特に家電や自動車・製造現場を支える産業機器などを作る業界では、社会インフラを支えることに貢献する満足感や達成感を感じることができるに違いありません。

また、一般企業の中で常駐のプログラマーを置かず、開発プロジェクトが発生した時にSES企業から必要な人材を派遣してもらうケースも多くなっています。

その場合、SES企業に所属するプログラマーはプロジェクトごとにいろいろな企業に派遣され、様々な業界を経験することができますが、実力不足とみなされると契約を打ち切られるケースもあるため、経験を積んでいる人に向いているといえます。

プログラマーの就職状況のまとめ

プログラマーの就職状況は、企業のニーズとデジタルトランスフォーメーションの必要性から求人数の増加が顕著です。

IT企業では、SIなど顧客のニーズに合わせたシステム開発のため多くのプログラマーが必要とされていますし、パッケージソフトやウェブサービスを提供する会社の求人も増えています。

加えて、一般企業でもITを駆使した製品やサービスの開発のため、常駐・派遣でのプログラマーのニーズが増加しています。

案件紹介【BTCエージェント】

独自のルートにより商流上優位な案件が多いことから、 一般的に中間業者に発生するマージン比率を少なくすることができ、その分フリーランスエンジニアの皆様に還元しております。
運営会社はシステムの受託開発を生業とするSIerです。
弊社が元請(1次)となるケースも多く、挑戦し甲斐のある専門性の高い案件等、ハイクラス案件をご紹介することが可能です。

 

プログラマーの平均年収は?

プログラマーに転職するかどうかで悩んでいる人にとって、平均年収がどのくらいなのかはとても興味がある点でしょう。

プログラマーとして働いている人も、自分が受け取っている給料が本当に適正なのかが気になるかもしれません。

この記事ではプログラマーの年収の実態について詳しく解説し、上げるためのポイントを紹介します。

プログラマーの平均年収と給料の実態

まずはプログラマーの年収事情について深く理解していきましょう。

平均年収に加えて、給料の内訳や金額の分布についても簡単に紹介します。

プログラマーの平均年収の状況

プログラマーの平均年収について、職種を限定して大規模に統計調査が行われたデータはありません。

IT業界全体での統計や限られた母集団での統計はあります。このようなデータを総合してみると、プログラマーの平均年収はおよそ400万円~500万円になっています。

日本の全職種の平均年収は450万円前後を推移しているので、ほぼ同等の年収で働いていると考えられます。

つまり、プログラマーは突出して稼げる職種とは言い難いですが、専門職として決して悪くはない水準の給料を得ているのが現状です。

プログラマーの給料の実態

プログラマーの受け取っている給料をもう少し詳しく見てみましょう。

実はプログラマーの年収は幅が広くて、200万円程度の人もいれば1000万円クラスの人もいます。

これはプログラマーの価値がスキルと経験によって大きく左右されるからです。

高いレベルのスキルを持っていてニーズに合った業務をこなせると高い評価を受けられます。

しかし、プログラマーでもあまりスキルがない人もいて、経済力がない企業で働いていると給料が低くなりがちです。

また、プログラマーの給料は時間外手当によって大きくなっているケースも多いのが特徴です。

これは現場による差が大きいですが、残業が多い現場ほど業務負担は大きい代わりに給料は高い傾向があります。

プログラマー うつ 転職

プログラマーが年収を上げるコツ

このような事情を加味してプログラマーが年収を上げるにはどうするのが良いのでしょうか。

以下に年中を上げるためのコツを紹介するので方針を立ててみましょう。

自分の適正年収を知る

まずはプログラマーとしての適正年収がいくらかを知るのが大切です。

スキルや経験によって大きくプログラマーの適正年収は変化します。

時代によって求められているスキルにも違いがあるので、今の適正年収を確認しておきましょう。

キャリアコンサルタントにヒアリングしてもらって調べたり、AIを使ったアプリを使用して確認したりすることが可能です。

トレンドのスキルを身につけて転職する

適正年収が低いと感じたときには年収を上げるための努力が必要です。

プログラマーとしての人材価値を上げるためにはトレンドのスキルを身につけるのが近道です。

平均年収よりも高い水準で働いているプログラマーには、AIやVRなどの開発現場で通用するプログラミング技術を持っている人が大勢います。

このようなトレンドに着目して必要なスキルを学び、その技スキルを必要としている職場に転職しましょう。

実績を上げてスペシャリストになる

今持っているスキルにこだわりたい場合には実績を上げていきましょう。

スペシャリストとして認めてもらえれば、そのスキルが廃れない限りは着実に給料が上がっていくと期待できます。

ただ、社内では人事評価制度の影響で年収の限界がきてしまう可能性があります。

昇給がほとんど見込めない状況になったら、今までの実績を全面的にアピールして転職先を探しましょう。

転職エージェントを活用する

トレンドのスキルを習得したり、実績を上げたりしたときに、年収を上げやすくするには転職エージェントを活用するのが良い方法です。

そのスキルを高く評価してくれる企業を探して紹介してくれるのが転職エージェントの特徴で、企業ニーズに合えばきっと高い年収で雇ってもらえるでしょう。

年収交渉も転職エージェントに依頼できるため、いくらで働ければ納得できるかをはっきりとさせて伝えておきましょう。

それが適正年収と考えられる水準ならきっと希望に近い給料で働けるところを見つけ出してくれます。

適正年収を上げて転職しよう

プログラマーの平均年収は決して高いわけではありませんが、ニーズの高いスキルや経験を持っているプログラマーの給料はかなり高くなります。

自分の価値を高めて適正年収を把握し、転職エージェントを活用して自分を高く評価してくれる企業を見つけ出せばきっと年収が上がります。

トレンドのスキルを学ぶなどの工夫をして自分を磨いてから転職しましょう。

案件紹介サービス【IT求人ナビ フリーランス】

IT系のフリーランスエンジニア、Webデザイナー(個人事業主)の方向けのエージェントサービスです。
フリーランスの支援実績13年であるため、安定感のあるサポートが特徴です。業界歴が長いため多くのお客様との実績があります。
合計掲載案件数2万件以上の業界最大規模の案件数を掲載。日々多くの案件を頂いており可能な限り多くの案件をすぐに掲載をしています。

プログラマーの転職方法は?

プログラマーが転職しようと思ったときに、どんな選択肢があるかを知っているでしょうか。

プログラマーにとっては自分のスキルを生かせることや、新しいノウハウを学べることは転職先を選ぶときには欠かせないポイントです。

このようなプログラマーの希望を実現することが可能な転職方法として代表的なものを3つ紹介します。

求人サイトから応募する

プログラマーの転職方法として最もポピュラーなのが求人サイトを利用するやり方です。

転職サイトとも呼ばれることがありますが、ここで挙げるのは求人が掲載されていて自由に検索し、応募できるタイプのサイトです。

求人サイトから応募する方法は自分のペースで転職先を探したい人に向いています。

サイトをいつ閲覧しても良く、自分に時間が合ったときに候補を選んだり、詳細を確認したりしているうちに魅力的な企業が見つかるでしょう。

自分一人で求人探しから応募、そして選考を受けるところまで行うことになるので大変ですが、自分のペースを守れるので安心感があります。

プログラマーが転職するときにはプログラマー専門の求人サイトを使用するのが適切です。

プログラマーを募集したいという企業だけが求人を出していて、内容も専門性の高いものになっています。

自分のスキルを生かせるかどうか、学びたいスキルを習得できる現場かどうかといった点を細かく吟味してから応募できるでしょう。

また、求人サイトでは求職活動をしている人に向けた情報発信もしています。

これからのキャリア構築をどうしていくかを考える材料を手に入れたり、どんな分野が最近人気なのかを確認したりすることが簡単です。

まだ転職を考え始めた段階から閲覧し始めていると、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

プログラマー 転職 資格

転職エージェントを利用する

転職サイトの中には転職エージェントのサイトもあります。

プログラマーが転職するときにもよく用いられているサイトで、キャリアアドバイザーによるサポートを受けながら転職活動を進められるのが特徴です。

自分のキャリアの棚卸をするところから相談を始めることも可能で、今後のキャリアプランニングの手伝いもしてもらえます。

希望条件を伝えれば合致している求人を選んで紹介してくれるのも魅力で、いくつかの候補から好きなものを選んで応募できます。

求人を探すのに手間がかからないのが転職エージェントを利用するメリットとして知られていて、仕事をしながらでも転職活動を進めやすいでしょう。

さらに応募から選考、入社にかけてもキャリアアドバイザーによるサポートを受けられるのが一般的です。

人材価値を効果的にアピールする方法を伝授してもらったり、書類の添削をしてもらったりすることができます。

また、面接の日時の調整や雇用契約時の条件交渉なども依頼することが可能です。

エージェントによっては転職後もフォローを続けてくれて、希望していたような待遇が与えられていない場合には指摘をしてもらえるので安心して転職できるでしょう。

就職支援付きセミナーを活用する

プログラマーの間で近年人気になってきているのが就職支援付きセミナーです。

これは数日から数ヶ月程度のセミナーを受講後、最後に就職支援を受けられるという仕組みなのが特徴で、スキルアップと転職を同時に遂げられる仕組みになっています。

IT系の専門学校や人材教育事業行う企業が運営していることが多く、内容も高度でトレンドに合っているスキルを短期間で学べるカリキュラムになっているのが魅力です。

AIやVR、IoTなどといった最新の技術に求められているプログラミングを一から学び始めて実践的に使える程度までスキルアップできるのが一般的です。

プログラマーが転職するときにはアピールできるほどのスキルが思いつかない場合があります。

その際に様々な現場で必要とされているスキルを短期間で身につけられるのは魅力的でしょう。

就職支援付きセミナーでは、学んだことを生かせる職場を紹介してもらえるメリットもあるのでモチベーションが上がります。そのため、転職するときにスキルアップもしたいというプログラマーにとってうってつけな選択肢の一つです。

より良い方法を選んで転職しよう

プログラマーの転職方法としてよく選ばれているのは求人サイトを利用する方法で、情報量が多くて自由なペースで転職活動を進められるのがメリットです。

転職エージェントによるサポートを受けて転職しているプログラマーも増えてきています。

また、就職支援付きセミナーも注目されるようになっているので、自分にとってベストな方法をよく考えてみましょう。

Freeks(フリークス)9,800円プログラミングスクール

【Freeks】は、月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題、通い放題のプログラミングスクールとなっていてその他にも勉強会参加、転職サポートなども追加料無しで受けることができます。
プログラミングを学びたいと思っても、受講するにはどのスクールも30万円~80万円と高額のため学ぶことに躊躇していた方や、月額数千円で学べたとしても、わからないことがあった時に質問できる環境がなく、挫折してしまった経験がある方などの悩みを解決すべくできたプログラミングスクールです。

 

未経験から正社員のプログラマーになれる?
フリーターからプログラマーに転職できる?
プログラマーの仕事内容は?
未経験者がプログラマーに転職する方法は?
オープン系プログラマーの転職について
タイトルとURLをコピーしました