40歳を超えてもプログラマーになれる?

プログラマー 転職 40代 プログラマー転職

転職は収入を増やしたい、キャリアアップを目指したいなど様々な理由で行いますが、その一方で躊躇しやすいのも事実です。特に年齢は二の足を踏んでしまう大きな要因ですが、最終的には本人のやる気次第と言えます。

未知の分野への転職は非常に勇気がいる行為ですが、事前の準備を入念に行えば決して不可能ではありません。転職して良かったと納得するためにも、プログラマーとして働くためのポイントについて学びましょう。

プログラマーとして働くということ

基本的に年齢制限は存在しない

転職で大きなネックになるのが年齢です。職業によっては明確な年齢制限が設けられているものもありますが、プログラマーについては基本的に年齢制限は存在しません。

プログラミングの知識や技能は年齢とは関係がないとされているのが大きな理由です。もちろん、雇用する側が独自の基準を設けているケースもあるので、転職活動の際は注意する必要があります。

中高年層の人でも現役

一般的に40歳を超えると一線を退き、管理職など若手を指導する立場として働くイメージがあります。現場職でも主任やチームリーダーなど他の人をまとめる役目になることが多く、他の人と一緒になって最前線で働くのは稀です。

しかしプログラマーの仕事は年齢不問なので、40歳を超えたとしても若い人に混ざって働くのは珍しいことではありません。年齢に関係なく常に現役なのがプログラマーの働き方と言えるでしょう。

中高年層の人の転職は探究心が必須条件

中高年層の人がプログラマーに転職する際の注意点

プログラマーの仕事は年齢不問ですが、その一方で常に最新の知識が要求されるのも事実です。過去の経験よりも新しい知識への探求心が重視される傾向にあると言えます。

コンピューターの分野は技術の進歩が日進月歩なので、働く人は過去の知識や経験に固執せず柔軟な姿勢で学ぶ必要があります。過去にプログラマーとして働いた経験を持つ人も振るい知識や経験に頼るのではなく、未経験の新人と同じ気持ちで勉強に取り組む姿勢が求められます。

転職先の探し方にも工夫が必要

転職する際の職場探しは求人広告の確認が基本的な方法ですが、その際はどこで求人広告を探すかが重要です。ハローワークや新聞広告などは広く知られている情報媒体ですが、専門性が高いプログラマーの仕事を見つけるのは容易ではありません。

プログラミングは特殊な知識や技能を要求される専門性の高い仕事なので、汎用性を重視する情報媒体では扱われる数が少ないためです。プログラマーとして転職するならコンピューター関係に特化した転職サイトの利用が賢明でしょう。プログラマーをはじめ、コンピューターに深く関わる求人広告を専門に扱っているので理想の転職先を見つけることが可能と言えます。

転職サイトはサポートが充実している所を選ぶ

転職サイトにも良し悪しがある

一口に転職サイトと言っても業務の方向性は様々です。専門性が高い所を利用する場合はどれだけサポートが充実しているかが重要な選択肢になります。

単に求人広告を掲載してそれでお終いではなく、広告を出している会社の評判や職場環境の実状などを詳しく教えてくれる他、転職活動のアドバイスを行ってくれる優良サイトを選ぶのが満足できる結果を得るための条件と言えます。

その一方で転職希望者が望まない、的外れなサポートを行ってしまう劣悪な転職サイトも稀に存在するので注意しなければいけません。

中高年層向けの求人広告を扱う転職サイト選びのコツ

40歳を超えてからプログラマーへの転職を考えるなら、何よりもまずは年齢不問の所を選ぶ必要があります。プログラマーとしての仕事に年齢は関係ありませんが、雇用する側は長く働き続けることができる若い人ほど優先する傾向にあります。

高年齢になるほど転職が難しい事実を把握し、中高年層の人でも受け入れてくれる所を探すことが転職を成功させるコツと言えるでしょう。

もちろん、プログラマーとしての知識や技能が必須なのも忘れてはいけません。伸びしろがある若い人にも負けない優れた人材であり続けることが高年齢でもプログラマーとして働くための条件です。中高年層向けのプログラミング教室など、転職者向けのサービスが利用できる転職サイトを選ぶのも良い方法と言えるでしょう。

やる気があれば高年齢でも転職は可能だが注意点もある

40歳を過ぎても本人のやる気と雇用する側が提示する条件に適えば転職は不可能ではありません。より良い条件の転職先を見つけるなら専門性が高い転職サイトを利用するのが効果的な方法ですが、プログラマーの仕事は常に新しい知識や技能が求められるのも事実です。探究心を忘れず、仕事と並行して勉強を続けることを忘れてはいけません。

プログラマーになるためには?

プログラマーになるために必要な資格や適性

IT・Webエンジニアの転職なら【社内SE転職ナビ】

社内SE転職ナビは社内SEに特化したエンジニア専門の転職メディアです。
より具体的なサポートをご希望の方には業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポート。
最適なキャリア形成をアドバイスいたします。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました