失敗しないプログラマー転職方法は?

プログラマー 未経験 転職 おすすめ プログラマー転職

プログラマーの転職理由は収入を増やしたい、キャリアアップを図りたいなど様々です。転職してより良い職場で活躍できるプログラマーもいますが、全ての転職者が満足できる結果を得られるとは限りません。

せっかく転職したのに後悔してしまうケースも稀にあります。プログラマーとして長く働くためにも、転職に失敗する理由や上手に転職する方法について学びましょう。

転職の目的があいまいでは良い結果に繋がらない

なんとなく転職してしまう人は少なくない

転職と言えば収入や自身の技能、仕事の将来性など具体的な理由や目的を持って行うイメージがあります。しかし中にはあいまいな考えだけで安易に転職してしまうケースも珍しくありません。プログラマーをはじめとするコンピューター関係の仕事は比較的新しい分野なので人材が足りず、転職しやすい傾向にあります。

そのため、現状になんとなく不満を感じているだけの人も転職することは難しくありません。その一方で目的があいまいなことから転職先でも待遇や職場環境に満足できず、プログラマーという仕事そのものを辞めてしまうこともあります。

現状の問題点を正しく把握せずに転職するのが失敗する最大の理由

自身のキャリアアップを図るために転職する人となんとなく転職する人の最大の違いは現状の問題点を把握しているかどうかです。何度も転職を繰り返す人は現状に妥協せず、強いこだわりを持っているように思えますがそうではありません。

単に自分がなぜ今の職場に不満を感じているかを把握できず、他の会社ならもっと良い環境だろうと当てずっぽうで転職しているに過ぎないのです。これでは何度転職しても現状に満足できず、いたずらに転職回数と年齢を重ねるだけで終わってしまいます。

転職回数があまりにも多いと仕事が長続きしない、堪え性が無いとネガティブな評価を下されてしまい、転職そのものが困難になってしまう可能性は否定できません。また、プログラマーとしてのスキルを磨くこともできず、優秀な人材として活躍する機会も得られなくなります。

IT業界の転職『マイナビIT AGENT』

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。
IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案します。

学ぶ意欲を持ち続けることが転職を成功させる秘訣

良い結果を得られた転職者の共通点

転職したプログラマーの中でも収入を増やしたり、自身のキャリアアップを成功させた人は常に学ぶ意欲を持ち続けている共通点があります。コンピューター関係の仕事は常に最新の知識や技能が求められるため、第一線で活躍するには仕事と勉強の両立が不可欠です。

また、実力主義の業界でもあるので年齢や経験を問わず、優れた人材ほど早く出世する傾向にあります。もたもたしていると年齢ばかり重ねてしまい、いつまでも未熟なままです。その事実を正しく理解している人ほど、プログラマーに必要な知識や技能を常に学び続けています。コンピューターは短いサイクルで新製品が出るため、古い製品は時代遅れになるのも早いと言われています。

知識や技能をアップデートしないプログラマーが時代遅れ扱いされるのは避けられない事実なので、そのような事態を避けるために学び続けることが重要と言えるでしょう。

勉強の方向性を誤ってはいけない

プログラマーの転職でありがちな失敗として異業種への転職があります。特に同じコンピューター関係という理由でシステムエンジニアやウェブデザイナーに転職したものの、良い結果を得られずに離職するケースは少なくありません。

コンピューターに関係する仕事ではあるものの、細かい仕事内容はほぼ別物と言えるほどの違いがあります。異なる分野へ転職するのは悪いことではありませんが、必要な知識や技能が不足している状態では転職しても良い結果を得ることはできません。

転職で失敗しないためには質の高い勉強を行って優れた人材になることが何よりも重要な条件です。転職の準備として勉強を行う際は方向性を誤らないように注意しましょう。

専門性が高い転職エージェントを活用する

プログラマーの転職活動における重要な条件として質の高い求人を選ぶことが挙げられます。同じ求人でも収入や福利厚生に大きな違いがあるケースも少なくありません。待遇やキャリアアップなどの点において失敗しないためには専門性が高い転職エージェントを頼るのが効果的と言えるでしょう。転職希望者の要望を尊重しつつ、受け入れてくれる会社をリストアップしてくれます。

求人を出している会社の社会的な評価や職場環境などを教えてくれる他、プログラマーとしての知識や技能をアピールする方法をレクチャーするなど質の高いサポートを受けられるのが転職エージェントを利用するメリットです。相性の良し悪しもあるので、利用する際は慎重に判断することを忘れてはいけません。

プログラマーとして働く目的を明確にするのが失敗しない条件

プログラマーの転職で何よりも重要なことは働く目的を明確にすることです。新しい知識や技能を学んでキャリアアップを図りたい、もっと収入を増やしたいなど人によって様々ですが、具体的な目的を持って転職することが長く働き続ける条件になります。あいまいな感じだけで転職せず、なぜ自分は転職を希望しているのかを冷静に考えることも転職に失敗しないための心得です。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました