プログラマー転職のタイミングはいつ?

プログラマー 転職 英語 プログラマー転職

プログラマーとして働いている人の中には、転職を検討している人たちも少なくありません。ただ実際に転職をしようと思っていても、いつ転職をするべきなのかとタイミングを計りかねているというケースも多いようです。

そうやってなかなか転職できずに悩んでいるという人もいるので、今回はプログラマーが転職するタイミングについて解説します。

プログラマーが転職を考えるタイミングとは

プログラマーが転職を考えるタイミングとしては、色々な時期があります。その中でも特に多いのが、仕事が楽しくなくなった時や収入が上がらない時、出世が見込めなくなった時だと言われます。

プログラマーの仕事は新しい知識や技術を身につけることでどんどん楽しくなる反面、その会社で吸収できることを全て吸収してしまうと新たな発見ができずに楽しさが失われていきます。

また職場の人間関係も仕事の楽しさに影響しており、楽しく仕事ができるかどうかによって仕事に対するモチベーションが変わっていくのです。

また仕事をする上である程度の収入を求めるのは当然のことなので、どんなに仕事をこなしても収入が上がらなくなってしまったり出世できずにスキルアップやキャリアアップが見込めなくなってしまうとモチベーションがどんどん下がってしまいます。

このように仕事に対するモチベーションが維持できなくなったタイミングで、転職を検討するプログラマーが多いと言われています。

またキャリアアップを目指しているプログラマーの場合、勤めている会社で得られるものがなくなってしまうと転職を考えやすくなるようです。

お勧めの転職のタイミングは仕事に不満を持った時

ではプログラマーが転職をするタイミングはいつ頃がベストなのかというと、仕事に対して不満を感じた時です。具体的には、自分の業務が思ったようにできなかったり今の会社でできることをやりつくしたと感じた時だと言われています。

そもそもプログラマーはある程度知識や経験、スキルを身につけていればいつでも転職をすることが可能であり、タイミングも自分である程度測ることができる職種となっています。

そのような点から入社して1年目や2年目でも転職することは可能ですが、その場合はやる気がないとみなされてしまうリスクがあるので注意が必要です。

そのため転職するタイミングとしては入社して3年目から4年目以降がベストではないかと考えられていて、その上で仕事に対して不満を感じたり働き方を変えたいと思った時がベストのタイミングだと言えます。

ただ抱えている不満がその会社内で解消できるのであれば、転職せずに同じ会社で働き続けるというのもひとつの選択肢です。

このため不満が解消できてもその会社でできることをやりつくしている場合または不満を解消することができない場合であれば、転職を考えるタイミングとして動き始めた方がいい状況と判断することができます。

転職するタイミングを見極める際の注意点

このようにプログラマーは転職するタイミングをある程度自分で決めることができるため、転職そのものは簡単にすることができます。

そのため注意しなければいけないのが、転職を早まってしまうことです。例えば入社してすぐに仕事に不満を持った場合、転職するタイミングだと焦って行動してしまうと転職先で失敗してしまうリスクがあります。

特にスキルや知識もないままに転職してしまうと次の会社でも同じような不満を持ってしまう可能性がありますし、適当に考えて転職しても自身のスキルや知識を活かせない可能性もあるのです。

だからと言って転職のために資格取得を目指すというのも、将来有益な資格でなければ意味がないとされています。

これらのことから転職するタイミングを見極める際には、自分のスキルや知識が十分備わっているかどうかを判断しなければいけません。

さらに自分が将来どのようなプログラマーとして働きたいのか、それに見合った資格を持っているのかどうかも見極めるポイントの一つです。

これらのポイントを満たしていればいつでも転職することができるので、焦らずに転職のタイミングを見極めて行動することが重要になります。ほかにも、1人で決めるのではなく転職エージェントなどの第三者の協力を得てタイミングを計ることも大切です。

いつでも転職できるからこそタイミングは慎重に見計らう

プログラマーはスキルや知識、経験をある程度持っていればいつでも転職することができます。だからこそスキルや知識が不十分な状態で転職することもできるのですが、焦って転職してしまうと後で後悔してしまうケースが少なくありません。

このため、自分の能力が十分備わっているかどうか、今の会社での働き方に不満を持っているかどうかを踏まえてタイミングを見極めることが必要です。

プログラマーの転職方法は?

IT・Webエンジニアの転職なら【社内SE転職ナビ】

社内SE転職ナビは社内SEに特化したエンジニア専門の転職メディアです。
より具体的なサポートをご希望の方には業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポート。
最適なキャリア形成をアドバイスいたします。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました