30代プログラマーの転職について

プログラマー 転職サイト プログラマー転職

30代の転職は新卒の就職活動の時とは異なり、プログラマーとしての実績やスキル、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力が求められますが、よい条件の企業への転職を成功させることでキャリアアップに繋げることが可能です。

そこで、30代プログラマーや未経験の30代プログラマーが転職活動をする時のポイントなどを紹介していきます。

プログラマーとは

プログラマーはコンピューターを動かすためのプログラム言語を使用してシステムやソフトウェアを構築する仕事全般を指しますが、プログラマーは幅広い業種で活躍することができます。

ホームページのシステムやアプリケーションソフトの開発、企業や金融機関のシステム開発、工場の設備や電子機器の制御プログラムなど、専門的な業務に対応する知識やスキルが必要です。

プログラマーになるためには独学や専門の学校でプログラミングに関わる知識を身に付ける必要がありますが、経済産業省が定めている個人指標ITスキル標準(ITSS)に即したITパスポート、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などを取得しておくと就職や転職に有利になります。

プログラマーは人材が不足しているため需要も高く有利な条件で就職や転職をすることもできますが、第一線で働き続けるためには最新の知識やスキルを習得する努力が必要になります。

また、将来的にはAIの台頭によりプログラミング作業が効率化していくことになるため、将来のキャリアアップやキャリアチェンジを見越してAIに関する知識を習得したり、フルスタックエンジニアになったりなど企業に求められる人材としての価値を高めることも大切です。

30代プログラマーの転職事情

30代プログラマーは実績や経験を積んでいるためスキルを活かして大手企業へ転職したり、チームをまとめる管理職として活躍したりすることもできるため自分自身のキャリアの見直しには最適なタイミングです。

平均年収は約430万円と一般的な企業の平均より高い傾向にありますが、プログラマーの仕事は残業なども多く総合的に判断すると仕事内容やスキルに見合わない給料だと感じている人もいるかもしれません。

自分自身の将来のキャリアを見据えて転職活動を行う時は、スキルに見合った条件の良い企業を選ぶことが大切ですが、30代は中堅社員として後輩の指導や上司や取引先との折衝などを求められるため、企業の面接官は人間性やコミュニケーション能力なども見極めようとしています。

転職活動を一人行うと集めることができる情報にも限りがあり、職務経歴書や面接などでアピールするための対策が不足することもあるので、IT系やプログラマーの転職を専門的にサポートすることができる転職エージェントなどを活用するのもおすすめです。

また、転職活動中でも在籍している企業で積極的に実績を積んで、転職活動時にアピールポイントを増やすだけでなく、転職に有利になるIT系の資格を取得しておくことも大切です。

20代プログラマーの転職について
20代プログラマーは新卒で採用されたばかりの人から、数年の実務経験がある人までいろいろなレベルの人が混在しています。 20代の転職を成功させてスキルアップしていくためには、さまざまな企業の求人情報を吟味してより良い条件で採用してくれる...

30代未経験でもプログラマーになれる

キャリアチェンジや給料アップのために、一般企業などに勤めながらプログラミング言語を学んで未経験からプログラマーになる人も増えています。ただし、同じ未経験者であれば30代のプログラマーより、20代のプログラマーの方が採用されやすいのが現状です。

30代でプログラマーになるためには、それまで働いていた企業で培った知識やスキルが重視されることになるため、例えば通信販売を行っている企業で営業などの経験があるのであれば、同業種のプログラマーに応募すると採用される可能性が上がります。

プログラマーとしてのスキルを高めるために努力していること、取得した資格なども重要なアピールポイントになります。また、言葉だけでなく自分で作成したプログラムを見てもらい入社後にどんな貢献ができるのかを、具体的にイメージしてもらうのもおすすめです。

未経験者でも転職サポートをしてくれる転職エージェントや転職サイトに登録したり、キャリアアドバイザーなどの転職支援サービスがついているスクールに入学したりと、積極的に転職のチャンスを増やしていくことで30代未経験でもプログラマーとして、条件のよい転職先を見つけやすくなります。

プログラマーの転職には情報収集が大切

30代でプログラマーとして転職をする時には、自分自身のキャリアプランを明確にして必要な知識を身に付けたり資格を取得すると共に、多くの企業の求人情報や口コミ情報を収集して、積極的に条件のよい企業の面接にチャレンジすることも大切です。プログラマー専門の転職サイトを活用して、効率的に転職情報を集めましょう。

Freeks(フリークス)9,800円プログラミングスクール

【Freeks】は、月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題、通い放題のプログラミングスクールとなっていてその他にも勉強会参加、転職サポートなども追加料無しで受けることができます。
プログラミングを学びたいと思っても、受講するにはどのスクールも30万円~80万円と高額のため学ぶことに躊躇していた方や、月額数千円で学べたとしても、わからないことがあった時に質問できる環境がなく、挫折してしまった経験がある方などの悩みを解決すべくできたプログラミングスクールです。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました