40代プログラマーの転職について

プログラマー 転職 エージェント プログラマー転職

人工知能やビッグデータ、フィンテックなど次世代に向けての事業への注力が求められる現代社会では、プログラマーの果たす役割が重要さを増してきました。プログラマーが活躍する業界では、40代プログラマーの転職に追い風が吹いています。

20代30代の若手プログラマーとは異なり、即戦力としての役割が求められるため、プログラミング能力やコミュニケーションスキルなどが求められます。詳細を見てみましょう。

引く手あまた!40代プログラマーへの期待感高まる

「40代プログラマーの転職は難しいのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか。ひと昔前には、35歳限界説というものがあり、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

40代といえば、35歳を遥かに超えたベテランであり、何かと難しい取り組みや新しい知識を身につけることが必要なIT関連企業では通用しないという見方が大勢を占めていました。

年を取ることで、学習能力や体力はもとより、物事に対する柔軟性も低下傾向を余儀なくされます。また、プログラマーが活躍することになるIT関連業界には20代30代の若い経営者が多く、自分より年上の人を使うのはできるなら避けたいと思うことも不思議なことではありません。

しかしながら、現代社会を取り巻く環境は35歳限界説が叫ばれていた頃とは、大きく異なっています。個人差はありますが、プログラマーとしての経験やスキルが身につき一人前として認められるようになるには、一定期間が必要です。

結果的に30代後半を迎える位の年齢になってしまうのが通常といえるでしょう。このようなことから、40代プログラマーはIT関連企業にとって、貴重な戦力として見られるケースが少なくありません。

市場価値は高い方が有利!求められる実力

IT関連業界の人材ニーズを年齢別に見た場合、間違いなくいえるのは、若ければ若いほど転職をしやすい環境にあることです。

プログラマーを必要とする企業は誰もが知っているような上場企業のみならず、スタートアップやベンチャーに至るまで多岐にわたっており、人手不足の状況が続いています。

人工知能やビッグデータ、フィンテックなどといった新たな分野でアドバンテージを取りたい企業は、少しでも多くの人材を確保しておきたいと考えるのではないでしょうか。

同レベルの能力であれば、会社に長く貢献してくれる20代30代の若手プログラマーを優先的に採用するのは容易に理解できます。

40代を迎えたプログラマーが転職先を探すケースでは、未経験であること自体がマイナスの影響を持つことは避けられないでしょう。よほど人手不足の企業であったとしても、不採用となるのが通常です。

どうせ未経験なら、若い人を採用して育てていくことを考えます。40代プログラマーに求めるのは、他でもなく即戦力としての役割です。

だからこそ、できる限りプログラマーとしての市場価値を高めておく必要があります。20代や30代の若手プログラマーには真似することができないスキルがあることで、転職活動が有利になります。

失敗しないプログラマー転職方法は?
プログラマーの転職理由は収入を増やしたい、キャリアアップを図りたいなど様々です。転職してより良い職場で活躍できるプログラマーもいますが、全ての転職者が満足できる結果を得られるとは限りません。 せっかく転職したのに後悔してしまうケースも...

経験が大きな力に!

プログラマーの仕事の特徴として、技術力が高ければ高いほど収入がアップすることが挙げられます。そもそも、転職したいと思ったきっかけが、収入を増やしたいというケースも少なくないでしょう。

プログラマーの市場価値を決める要素の一つとして、プログラミング能力があります。プログラミング能力については一朝一夕で身につくものではなく、プログラマーとしてコツコツとひたむきに取り組んできた成果がそのまま表れるとされています。加えて、プログラミング能力からセンスやポテンシャルを見抜くことも可能です。

40代プログラマーを受け入れる企業の狙いや思惑の中には、若手プログラマーのお手本になったり、リーダー的存在としてまとめ役になったりして欲しいことがあります。ただ単に若手に混ざって黙々と仕事をこなすだけにとどまることなく、社会人としての経験を活かした立ち振る舞いに期待しているのです。

コミュニケーション能力や提案力、プレゼン力などで40代だからこそ力を発揮できる場面は多いのではないでしょうか。クライアントとの交渉においても、それまで培ったスキルやノウハウが役に立つことが少なくありません。クライアントが求めるニーズをいち早く察知する上で経験が武器になります。

手に入れたい好条件での転職!カギになる市場価値

時代の進化とともに変化を遂げてきたのがプログラマーが多く活躍するIT関連業界です。現代のIT関連業界における人材不足は深刻であり、20代や30代の若手社員だけでなく、40代のプログラマーにも活躍する機会が増加しています。40代プログラマーの中には、年収アップを目的として転職をする人が多いのが現実。好条件を獲得することが、市場価値を高めることにもなります。

Freeks(フリークス)9,800円プログラミングスクール

【Freeks】は、月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題、通い放題のプログラミングスクールとなっていてその他にも勉強会参加、転職サポートなども追加料無しで受けることができます。
プログラミングを学びたいと思っても、受講するにはどのスクールも30万円~80万円と高額のため学ぶことに躊躇していた方や、月額数千円で学べたとしても、わからないことがあった時に質問できる環境がなく、挫折してしまった経験がある方などの悩みを解決すべくできたプログラミングスクールです。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました