50代プログラマーの転職について

プログラマー 転職 おすすめ プログラマー転職

将来有望な仕事へ転職したいと考えている方でプログラマーに転職したい方や、すでにプログラマーとして働いているけれど別の場所で働きたいと転職を検討している方は多いでしょう。

しかし、50代での転職となると超えるべきハードルも高くなってきます。ここで転職にあたって考えておくべきことなどをチェックしておきましょう。

未経験でプログラマーになるのは難しい

IT化があらゆる分野で進んでいく現代では、プログラマーの力は重要なものとなっています。生活のあらゆる所へプログラムがかかわっているからこそ、それに携わる人材も必要とされていくことになります。

これからもしばらくはこの状況が続くことになるので、この先長く働くことができる仕事として選びたいと考えている方も多いのではないでしょうか。求人数も多く、安定して仕事を探しやすい点が、年齢が50代に差し掛かってからの転職には非常に魅力的です。

しかし、気を付けておかなければならないポイントもあります。プログラマーの仕事について未経験の場合です。もちろん年齢を問わずにできる仕事ではありますが、仕事をするうえである程度の知識や技術は必要とされます。

若い人なら未経験でもそこから教育をして一人前になり、そこからプログラマーとして本格的に活躍することもできます。会社としてもその教育に費用や時間をかける意味があるのです。

しかし、50代になると一人前になってから何年働くことができるかを考えると、未経験の状態から教育訓練をしていくことが難しくなってしまうのです。

そのため、50代からプログラマーとして働こうとする場合には、教育訓練が必要ないほど知識や技術が優れていることが必須となってきます。未経験からの転職を希望している方はこの点について考え、準備をしていきましょう。

経験があってもアピールが必要

これまでの仕事でプログラマーとして活躍してきた方や、仕事上何らかの形でプログラマーの仕事に親しんできた方などは、その経験を買われて年齢が高めでもプログラマーとしての転職につながる可能性が高くなります。仕事として取り組んでいなくても、趣味でプログラミングに親しんでいる方などもいるでしょう。

そういった方はその経験を転職時の面接などでしっかりアピールすることが必要になります。それにより採用に結びつきやすくなるからです。丁寧な教育訓練ができない年齢だからこそ、即戦力で活躍できることを示さなければならないのです。

そのため、自分自身の経験をきちんと伝えることができるように準備をしていきましょう。これまでかかわった仕事でどういったものがあったのか、どのようなかかわり方をしたのかなど詳しく述べられるようにしておきましょう。

場合によっては履歴書とともに職務経歴書などを出す必要が出てくることがあります。その場合には詳細に記載し、自分が即戦力として活躍できる人材であることを伝えていかなければなりません。転職活動が実際に動き出す前に、転職の可能性があると感じたら自分のキャリアを見直し、まとめることを始めてみてください。

プログラマーが年収アップする方法について
プログラマーとして働いている方の中には、年収が低いことで悩んでいる方も少なくありません。 一方で、高い年収を得ているプログラマーも業界には数多く存在します。 年収が低い方は一体どのようにすれば年収がアップするのか、気になるのでは...

プログラマーとして活躍できるような準備を

採用されても、その後プログラマーとして順調に活躍していけるかどうかは保証されたものではありません。激務であることや仕事についていけないなどの理由から、せっかく転職をしてもやめる方も多いです。そうなってしまってはせっかくの転職もよい方向に進むことはないですから、採用された後のことまで考えていくことが必要になります。

未経験の方は特に、まずはプログラマーとして必要な能力を身につけることを考えましょう。関連資格の取得なども、勉強するモチベーションを上げることや採用を有利に進めていく助けとなるので、ぜひ取り組んでおきたいものです。

また、体力作りなども取り組んでおきましょう。50代になるとそれまでとは違い無理がききにくくなっていきます。長時間の勤務になるケースも多いので、基礎体力がついているかどうかが勤め続けられるかどうかのカギとなっていきます。

転職を考え始めた段階からぜひ体力づくりのための運動を始めたり、生活習慣を整えたりして、プログラマーの仕事に耐えられるよう体調を整えていくようにしましょう。

年齢によるマイナス面を補う

50代になるとどうしても働ける年数が少なかったり、求める待遇での採用が少なかったりするため、転職が困難になっていきます。採用数が多めになっているプログラマーでもそれは同じです。

年齢が上がっているから生じるマイナス面をどのようにカバーしていくか考え、準備をしていくことが転職成功へのポイントとなっていきますから、今のうちから準備を始めましょう。

IT業界の転職『マイナビIT AGENT』

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。
IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案します。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました