プログラマーがゲーム会社に転職する方法

プログラマー 転職 年齢 プログラマー転職

プログラマーが活躍できる業種は多岐にわたっており、その分転職する際の選択肢も多くなっています。そんな中、ゲーム会社に転職してみたいと考えているプログラマーは少なくないようです。

ただゲーム会社に転職するにはどうすればいいのか、どのようなスキルが必要なのかわからない人も多いようなので、今回はプログラマーがゲーム会社に転職する方法について解説します。

転職する前に知っておきたいこと

プログラマーの転職先の一つとして人気を集めているゲーム会社ですが、転職前に知っておきたいのがゲーム会社でのプログラマーの仕事です。ゲーム会社で働くプログラマーはゲームプログラマーと呼ばれており、名前の通りゲームに関するプログラミングを行うことが主な仕事内容となっています。

ただゲームといってもその種類は2つあり、一つは従来型のゲームプログラマー、そしてもう一つはブラウザ・ソーシャルのゲームプログラマーです。従来型はコンシューマーゲームやパチンコ、アーケードゲームのプログラムに携わるプログラマーで、開発期間が長く構成する要素ごとに専門分野に分かれて作業をするのが一般的とされています。

それに対してブラウザ・ソーシャル型の場合はスマホアプリを中心として開発するプログラマーであり、求人件数が最も多い注目されている仕事です。開発言語の種類が多いけれども開発期間が短く、中小企業や個人で開発したものでも人気を集めることができるところが特徴とされています。

どちらのプログラミングも仕事の流れは同じですが開発期間や使用する言語が異なっており、プログラミングの内容も異なります。そのためゲームプログラマーとしてどちらの仕事に携わりたいのか、事前に決めておくことが大切です。

ちなみにゲームプログラマーがプログラムを開発した後は、デバッガーと呼ばれる人たちによるチェックが入ります。それによって不具合がないかどうかを確認してもらい、調整していくこともゲームプログラマーの重要な仕事です。

プログラマーの転職先は大手?ベンチャー?
転職したいと考えているプログラマーの中には大手企業を選ぶべきか、ベンチャー企業にするべきかと悩んでいる人もいるでしょう。 どちらもうまくいけば大きな成功を遂げられる可能性があるのは魅力ですが、どちらが合っているのでしょうか。 こ...

ゲーム会社に転職する方法

ゲーム会社で活躍するプログラマーは、ほかのプログラマーと違ってゲームに特化した専門性が求められています。そのため基本的に転職するプログラマーは経験者となっていて、未経験者にとっては転職するのが難しい分野だと考えられます。

そのためこれまでゲームのプログラミングの経験がないプログラマーがゲーム会社に転職する場合、キャリアチェンジという形で同じようなポジションまたはデバッガーのポジションを狙うやり方が推奨されています。実は他業種からゲーム会社に転職したとしても、同じポジションで同じような仕事をすることができる場合があります。

同じポジションであれば業種が違っていてもプログラミングなどの仕事内容はそこまで違いがありませんし、デバッガーであれば他業種からのプログラマーが採用される可能性が高いです。

そしてどちらのやり方であってもある程度ゲームに関する専門性や知識を身につけていくことで違うポジションを狙うことができるため、最終的にゲームのプログラムに直接関わりやすくなります。そのための具体的な転職方法としては、転職エージェントを利用したりプログラマー専門の転職サイトを活用して求人に応募する方法が推奨されています。

ゲーム会社に転職する場合のポイント

プログラマーがゲーム会社に転職する際のポイントとして、キャリアチェンジを狙って自分の経験や知識を活かしていくようにすることが挙げられています。ゲームならではの専門性は実際にプログラミングに携わらないと身につけることができませんが、これまでプログラマーとして他業種で培ってきた知識や経験はゲーム会社でも通用するものが多く見受けられます。

そのためまずは自分の持っている知識や経験を活かすことで、ゲーム会社内でのキャリアチェンジにつなげやすくなるのです。逆に知識や経験もないのにいきなりゲームそのもののプログラミングに携わることは難しいですし、転職しようとしても採用される可能性は低くなってしまいます。

またゲーム会社は大手だけではなく中小企業でも業績を伸ばしているところが多いので、知名度に固執することなく様々なゲーム会社の情報を調べて自分の知識や経験が活かせるところを見つけることも大切なポイントです。

ゲーム会社に転職する場合は自分の知識や経験を見極めることが重要

ゲーム会社で活躍するゲームプログラマーは、ゲーム業界ならではの専門性が求められています。そのような点から転職しようとしても経験がないと難しいのですが、キャリアチェンジという形で自分の持っている知識や経験が活かせる仕事を見つけることが成功するポイントになります。このため自身の持つ知識や経験がどのように活かせるのか、見極めることが重要です。

新卒プログラマーの就職方法は?
プログラマーという職業は人気が高まっており、新卒のプログラマーとして就職しようと考えている方も少なくありません。 しかし、実際に就職しようにも「どう就職するのが良いんだろう」と悩む方も多いです。ここでは、新卒からプログラマーに就職する...
プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました