プログラマー転職のポートフォリオってなに?

プログラマー 転職 キャリアアップ プログラマー転職

プログラマーが転職をする際、ポートフォリオを作成するのが望ましいです。ポートフォリオがあれば、今までの実績や持っているスキルなどを伝えられるでしょう。

これから、ポートフォリオの概要や必要性をご説明します。また、プログラマーがポートフォリオを作成する時の方法やポイントもご紹介しますので、参考にしてみてください。

プログラマーのポートフォリオとは?

ポートフォリオとは、自分のスキルや実績を伝えるために作成するものです。履歴書と似ていますが、自己PRが中心になっています。ポートフォリオには紙版とWeb版があり、紙版ポートフォリオは転職の書類選考や面接で使用する場合が多いです。

一般的に、応募書類と一緒に提出または面接時に渡します。Web版のポートフォリオの場合、公開しておくと、さまざまな人に見てもらえることが特徴です。転職の際には、企業へメールなどで事前にURLを伝えても構いません。

また、面接時にパソコンを持参していい時には、その場で審査官に確認してもらうのもいいでしょう。Web版のポートフォリオは、転職時だけでなく、顧客を獲得したい時の営業ツールにもなります。

40歳を超えてもプログラマーになれる?
転職は収入を増やしたい、キャリアアップを目指したいなど様々な理由で行いますが、その一方で躊躇しやすいのも事実です。特に年齢は二の足を踏んでしまう大きな要因ですが、最終的には本人のやる気次第と言えます。 未知の分野への転職は非常に勇気が...

なぜ、ポートフォリオが必要なのか?

プログラマーの転職時、ポートフォリオの提出は必須ではありません。しかし、ポートフォリオで今までの実績を分かりやすく伝えると、好印象になります。また、ポートフォリオを作成する意欲が評価され、仕事や転職に対して前向きと判断されるのです。

さらに、分かりやすさや見やすさを意識した質のいいポートフォリオだと、構成する力が評価されます。そして、プログラマーの仕事が未経験の場合、Web版のポートフォリオで自分のスキルを伝えてもいいでしょう。成果物がない時には、Web上でサンプルプログラムを公開するのが効果的です。

ポートフォリオの作成方法と作成する時のポイントとは?

プログラマーの転職用ポートフォリオを作成する時には、自己紹介と成果物・サンプルプログラムの紹介を記載します。自己紹介で伝えることは、今までの実績や経験した役職・プログラマーとしての信念などです。働き方にこだわりがある場合は、詳細に記載するといいでしょう。

また、使えるツールやOS・言語の紹介も必要です。プログラミング言語はさまざまなものがあり、その企業が必要としている言語やプログラマーのスキルは異なります。事前に応募企業について調査しておき、自分のスキルや使える言語のニーズがあるかを確認することも大切です。

今までの成果物がある時には、その詳細を記載します。プログラマーの仕事が未経験の人は、サンプルプログラムを作成するのが望ましいです。成果物やサンプルプログラムは1作品だけでなく、5~10作品あるといいでしょう。また、分かりやすい説明文にすることが必要です。

特に、転職用のポートフォリオは見やすい構成にしなくてはなりません。プログラマーが作成するものは、他のプログラマーでも理解・修正できるものが評価される傾向があります。ポートフォリオが分かりやすい構成になっていると、プログラマーの仕事もできると判断されやすいのです。

成果物やサンプルプログラムの説明で記載する内容は、プログラム名と概要・ビジュアルの説明です。クライアントがいる場合は、クライアント名も書きましょう。その際、クライアントから了承を得ることが必要です。企業によっては社外に出してはいけない情報もあるため、守秘義務や契約時の条件は守りましょう。

プログラムの目的や制作時間・コンセプト・クライアントから指示された設計仕様や要求も記載します。使用したソフトや開発環境・使用言語の説明もしましょう。制作中に問題が発生した時には、課題をどのように解決したかを記載することも大切です。

おすすめのプログラマー転職サイトは?
以前とは違い、プログラマーとしてキャリアを積んで、給与ややりがいを求めて転職することは一般化してきました。 それに伴って転職サイトの数も格段に増えているので、どちらのサイトに登録すればよいのか迷う方も多いことでしょう。 それで、...

転職用ポートフォリオであっても、紙版とWeb版を用意するのが望ましいです。プログラマーの場合、Web版のポートフォリオが多く利用されますが、審査官がプログラミングに詳しくない場合は紙版のポートフォリオが役に立ちます。

すでに働いているプログラマーに見せたり意見を聞いたりして、評価の参考にすることもあるのです。また、スキルをアピールしたい時には、フレームワークがある作成方法ではなく、CSSとHTMLだけで実装するのもいいでしょう。

ポートフォリオについて理解し、転職を成功させよう!

転職時にポートフォリオの提出ができれば、成果物やサンプルプログラムを説明でき、自分のスキルや実績・考え方などを伝えられます。作成する時には、自分の価値を高める内容にすると、高評価になるでしょう。また、成果物などは複数個用意すると、審査官にアピールしやすくなります。これを参考に、ポートフォリオについて理解してみてください。

人気のプログラマー転職サイトは?
インターネットで転職サイトを検索するといろいろなサイトの情報がでてきてしまい、どこを見ればいいのか迷ってしまいますが、人気のプログラマー転職サイトの多くが求人数だけでなく、独自のサポートやサービスが充実しています。そこで、プログラマーとして...
プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました