プログラマーで転職先が見つからない場合は?

プログラマー 転職 給料 プログラマー転職

プログラマーとして活動している人の中には、会社から与えられる仕事や雇用契約などに不満を感じて転職を考える人も多くいます。

プログラマーの需要に対して人手が不足しているため引く手あまたの状態となっていますが、必ずしも全ての人が転職に成功できるわけではありません。

そこで今回は、プログラマーとして転職ができなかった時の対処法について解説していきます。

プログラマーの転職事情と失敗した時の選択肢

プログラミングなどを主な仕事とするプログラマーとして活躍をするには、専門的な技術と知識が要求されます。様々な分野でIT技術の導入され始めていることで需要は増加の一途を辿っていますが、前述したように専門性が要求されるため人手が足りていません。

こうした理由からプログラマーの求人は市場に多く出回っていて、幅広い選択肢の中から選ぶことができます。とはいえ、いくら選択肢が多いと言っても企業側が求める条件に当てはまらなくては採用してもらうことはできません。

選ぶ転職先によって若干の違いはありますが、一般的にプログラマーの転職のリミットは30歳前後と言われています。これは未経験者を採用して人材を育成した時に、戦力として活躍できるようになるまでに5年程度掛かることが主な理由です。

ただし、採用後に即戦力として活躍できるレベルのキャリアと技術を身に付けている人は例外的に採用されることもあります。万が一年齢を理由に断られて転職できないという状況に陥った時は、企業への就職を諦めてフリーランスで活動するのも一つの手です。

日本に数多くある職種の中でもIT業界は特にフリーとして働きやすく、フリーランスのプログラマーもたくさんいます。

プログラマーになる方法は?
プログラマーへ転職を考えている人の中には、未経験で本当に就職先が見つかるか不安に思っている方もいるかもしれません。IT業界は求人も多く、未経験者歓迎の募集も多く見つかります。 しかし、採用率を上げるためにはいくつか押さえておきたいポイ...

フリーランスのプログラマーの働き方と独立するメリット

フリーランスのプログラマーとして活動していく上で、最初に知っておかなくてはいけないのが働き方です。フリーは大きく分けて独立系と副業系の2種類に分類されます。独立系は企業と雇用関係を結ばずに業務契約だけを結んでいく働き方で、副業は文字通り別の仕事をしながら空き時間に活動する形です。

独立系は個人としてはもちろん、公的機関に開業届を提出して法人として活動することもできます。フリーランスは企業と雇用関係を結んでいる会社員のように与えられた仕事を次々とこなすのではなく、自分で仕事を獲得しなければいけません。

仕事の受注はプログラマーとしての能力だけでなく業界での信頼性も影響してくるため、長く活動するのであれば法人化をしておく方が有利と言えます。

フリーランスはこの働き方ならではのメリットも多く、その一つが人間関係のしがらみのなさです。会社員として働く場合、上司や同僚といった共に働く人間と良好な人間関係を築く必要があります。

そのため、自分の気持ちに関係なく、飲み会を始めとした交流の場へ参加をせざるを得ないケースも少なくありません。

プログラマーの中には人間関係が上手に築けないという理由で会社を辞める人も多いのが実情です。一人で活動するフリーであればこうした悩みから解放されて仕事に集中できます。

自分で仕事を選べるのも魅力の一つです。企業と雇用関係を結んでいると自分がやりたくない仕事でも取り組まなければいけませんが、フリーランスは仕事の取捨選択を自分で判断できます。

そのため、やりたくない仕事に取り組んでモチベーションを低下させるようなこともありません。ただし、選り好みをし過ぎると収入に影響が出るので注意が必要です。

未経験からプログラマーになる方法は?
プログラマーになりたいけれど、未経験では採用してくれないのではないかという不安を抱えている人もいるでしょう。未経験者がプログラマーになるためには、いくつかの対策を考えておくことが重要になります。 そこで今回は未経験からプログラマーにな...

長くフリーランスとして活動していくコツ

自分の実力次第で高収入が期待できるのがフリーランスの魅力ですが、成功を抑えるにはそれ相応の努力が必要になります。フリーとして活動していく上で重要となるのが継続した仕事の受注です。

月々の給料が保証されている会社員と違ってフリーランスは仕事の受注件数がそのまま収入に反映されます。仕事の受注に空白期間を作ってしまうとその間は無収入になってしまうので生活ができません。安定した収入を確保するためにも、空白期間を作らないように仕事を確保していくことが大切です。

スキルアップも大事なポイントの一つになります。プログラマーは技術や知識に比例してできる作業が増えていくので、現状に満足をせずに向上心を持って勉強していかなくてはいけません。

就職だけにこだわらない

プログラマーの転職は年齢を重ねていけばそれだけ転職先も限られてしまう上に、採用される可能性が低くなるのは否めません。

仮に就職ができたとしても、人間関係など仕事以外で頭を悩ませることもあります。転職活動をする時は、会社員として就職だけに固執するのではなく、フリーランスという選択肢もあるということを忘れてはいけません。

何歳からプログラマーになれる?
プログラマーに就職したい人の中で年齢制限について気になっている人もいるかと思います。 実際、求人票を見てみると専門卒から応募している企業は多いです。 しかし極端な話、中学生や50代でもプログラマーになることは可能です。 つ...
プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました