プログラマーの転職理由はなに?

プログラマー 転職 組み込み プログラマー転職

プログラマーは、各企業からの需要が高いため他の職業に比べて就職しやすかったり、高い収入を得ている方もいたりと、多くのメリットがある職業です。

しかし、良いことばかりある職業というわけではありません。プログラマーの仕事をしている方の中には、他の職業へ転職を考えている方も存在します。ここでは、プログラマーが転職する理由についていくつか紹介していきます。

収入が低い

プログラマーが転職する理由はさまざまですが、多いのが「プログラマーなのに収入が低いから」というものです。人によってプログラマーになる理由は異なりますが、特に収入アップを目的にプログラマーになる方は多いでしょう。

確かに、プログラマーの中には年収1,000万円以上稼いでいる方もいるので、収入が上がる可能性はあります。しかし、プログラマーの平均年収は約400万円程度で、一般的な平均年収とそれほど変わりません。そのため、収入が上がると考えてプログラマーになった結果、思っていたよりも低い収入に落胆する方が多いというわけです。

プログラマーといっても、仕事内容によって支払われる報酬は異なります。また、どのプログラミング言語を使えるかによっても収入に違いが出るので、高い収入を得らえる方もいる一方で、収入が低いプログラマーも出てきてしまいます。

場合によっては収入が月10万円ほどしかもらえない方もいるため、他の職業の方が良いと判断して転職する方が多いです。キャリアを積んで高度な仕事ができるようになれば収入アップも期待できるので、収入が低いからとすぐに転職するべきではないかもしれません。

20代プログラマーの転職について
20代プログラマーは新卒で採用されたばかりの人から、数年の実務経験がある人までいろいろなレベルの人が混在しています。 20代の転職を成功させてスキルアップしていくためには、さまざまな企業の求人情報を吟味してより良い条件で採用してくれる...

長時間の労働に耐えられない

転職理由の一つとして代表的なのが、「長時間労働に耐えられない」というものです。すべてのプログラマーに当てはまるわけではありませんが、企業の下請けでプログラムを書くような仕事をしていると、どうしても作業量が多くなってしまいます。プログラムを書く作業を楽しいと感じる方はそれほどいないため、長時間の作業になっていくと疲れを感じる方が多いです。

たとえ収入が高かったとしても、楽しくない作業ばかりしていては気が滅入ってしまうでしょう。プログラマーはシステムエンジニアなどシステム設計に関わる仕事よりも、実際にプログラムを書く仕事をすることが多いので、同じような仕事を長時間し続けることに耐えられず転職するというプログラマーは少なくありません。

注意すべきなのが、勤務している企業によっては、長時間労働にならないよう社内で工夫している場合があるという点です。すべてのプログラマーがこういった不満を抱えているわけではなく、慎重に就職先を選べば回避できる問題でもあります。

長時間労働を理由に転職するのは会社に勤務しているプログラマーが多いですが、フリーランスの場合も同様の理由で転職する場合があります。「フリーランスなら、自分の働きたい時間に働くから労働時間なんて無いのでは」と思う方がいるかもしれませんが、フリーランスが行う仕事の中には報酬が安いものも多いです。

仕事の報酬単価が安い場合、十分な収入を得ようとして仕事量を増やす方が多く、結果として長時間仕事することも珍しくありません。長時間労働は、どのようなプログラマーであっても、経験する可能性があるといえるでしょう。

プログラマーがゲーム会社に転職する方法
プログラマーが活躍できる業種は多岐にわたっており、その分転職する際の選択肢も多くなっています。そんな中、ゲーム会社に転職してみたいと考えているプログラマーは少なくないようです。 ただゲーム会社に転職するにはどうすればいいのか、どのよう...

思っていた仕事内容と違った

労働状態に関する不満だけではなく、「思っていた仕事内容と実際の仕事内容が違った」という理由で転職するプログラマーは少なくありません。プログラマーといっても、その仕事内容にはさまざまなものがあります。システムの設計やインターフェースのデザインに関わることもあれば、上層部からの指示書通りに動作するプログラムを書くだけの仕事をしている方もいます。

そのため、「ゲーム開発がしたいと思ってゲーム会社に行ったのに、実際にはゲームとは関係のないWebサイト制作などの仕事を任された」という事態に陥りやすいです。面接の際に仕事内容を詳しく聞いておくことで回避できる可能性はありますが、面接官がプログラマーの仕事についてよく理解していないこともあるので、事前に仕事内容を知るのは難しいことです。

プログラマーになる方の中には目的や将来の夢を持っている方も多く、想像と違う仕事を任されたことで転職する方は少なくありません。

プログラマーは辛さを感じることもある

実際に高い年収を得ていたり、悠々とした生活を送っていたりするプログラマーは少なくありません。しかし、プログラマーの中には労働時間や仕事内容に不満を感じている方もいます。「キャリアが大切だからすぐに辞めるのは良くない」というプログラマーは多いですが、辛さを感じたときは我慢せず、早めに転職するのも良い選択肢だといえるでしょう。

IT・Webエンジニアの転職なら【社内SE転職ナビ】

社内SE転職ナビは社内SEに特化したエンジニア専門の転職メディアです。
より具体的なサポートをご希望の方には業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポート。
最適なキャリア形成をアドバイスいたします。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました