プログラマーのポートフォリオってなに?

転職 プログラマー 関東 プログラマー転職

プログラマーを目指す人にとってポートフォリオを作成することは重要な事です。ポートフォリオによって採用担当者がその人のスキルや経歴をひと目で分かりやすく、自分にとってもアピールポイントを全面に押し出すことができます。しかし作り方にはある程度のコツが必要になってきます。今回はポートフォリオについて作り方からメリットまで解説していきます。

プログラマーのポートフォリオとは

プログラマーのポートフォリオはざっくり説明すると自己紹介です。履歴書みたいな感じを想像してもらうと分かりやすいですが、自己PR、経歴、スキルを記載していきます。

履歴書と違う点は何をプログラミングしてきたのか、どんな実績があるのか、細かく記載する欄があるということです。つまり相手から見てどんな技術を持って、何に特化しているかわかりやすい自己PR表となっています。またポートフォリオは紙に記載するのではなくネット上に記載することも履歴書と違う点です。自分が作ったサイトにポートフォリオを載せるのが基本的な考え方です。

ざっくりと説明したところでポートフォリオの内容を細かく紹介していきます。ポートフォリオにまず基本的な内容を記載していきます。使用しているOS、経歴、ツール、今まで完成させたプログラミングの実績など細かく書いていきます。次に成果物を紹介するページを作成していきます。

プロジェクト、プログラムの説明、工数や規模、仕様、開発言語、開発環境、細かく記載しましょう。自分の連絡先として名刺のページも作成してください。ポートフォリオを使って営業する人はコンタクトフォームのページも作成しましょう。

プログラマーになるにはどうすればいい?
IT化が進んでいる現代社会では、プログラマーの需要が高まっています。そのためプログラマーを目指したいと考えている人も増えてきているのですが、実際にどのようにすればプログラマーとして活躍できるのかわからないという人も少なくありません。そこで今...

ポートフォリオって必要?

ポートフォリオの作成はプログラマーとして転職を考えている人、フリーランスとして活動を考えている人にとって大きな武器になります。先程紹介したようにプログラミングとしての経歴を記載するため、採用担当者にとって分かりやすく自分をアピールすることができます。

特にプログラミング未経験者から転職し、プログラマーを目指す人にとって相手にわかりやすく実績を示すことができます。しかし作成するにはポートフォリオに記載する実績が必要になってきます。またプログラマーとしての分野毎に必要な記載事項も変わってくるので臨機応変に対応しましょう。

ポートフォリオとは日本語で「紙ばさみ」「折りかばん」「書類入れ」の意味を持ち、1つのポートフォリオを完成させたら終わりではなく、人によって幾つかのポートフォリオを使い分けることが根本にあります。

そしてポートフォリオを作成する事になった時、必要になってくるものがあります。それはサイトを作る技術です。具体的にはHTMLの知識とCSS、javascriptです。

ここまで聞いて難しそうと感じる人もいるかと思います。しかしあまり構える必要はありません。これらの知識は必要最低限で充分です。知識があまりなくても1週間ほどあれば作成することが可能です。

50代プログラマーの転職について
将来有望な仕事へ転職したいと考えている方でプログラマーに転職したい方や、すでにプログラマーとして働いているけれど別の場所で働きたいと転職を検討している方は多いでしょう。 しかし、50代での転職となると超えるべきハードルも高くなってきま...

ポートフォリオの作成方法

実際に作成する時、1番重要になってくるのはサイトのデザインです。人が見ることを意識し、全体の流れがひと目でわかりやすくなることを目指して作成します。スキルなども一覧化して見やすくするのもいいですが、表にして何に特化しているのか見ただけでわかるようにするともっと良くなります。

また1ページ内だけに収めるのではなく、紹介内容毎にページを作成しましょう。例えば目次の項目をメイン画面にし、スキル、経歴、自己PRを記載します。そこからスキルの詳細に飛ぶページ、経歴ごとの成果物を記載したページ、自己PRから次の会社でどんなことに役に立つのか記載したページを作成します。

追加で自己分析のページを追加するのも面白いです。そしてWEB系の転職先に多いのですが、作成サイトのソースコードを見られる事が多々あります。これは実際に作成したページからコードが読みやすいか、採点のポイントとなります。

またWEBデザイン系の転職先ではポートフォリオのデザインに注目されることが多いです。つまりポートフォリオを作成して自分の武器にするのは良いですが、その作品が企業に見られるということを意識して作成しましょう。特にjavascriptはソースコードの特徴が人によって顕著に出るので最新の注意が必要です。

まずはサイトを作成してみよう

ポートフォリオは直ぐに作成できるものではなく、実績の積み重ねで作ることができます。まずはサイトを1週間で1ページ作成するなどWEB制作に慣らすための目標を立てましょう。

そして実績が積み重なる度にポートフォリオに記載していき、継続的な作成と更新を行ってください。作成するのは難しいですが転職の際、大きなアドバンテージになるので積み重ねていきましょう。

 

IT業界の転職『マイナビIT AGENT』

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。
IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案します。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました