プログラマーが転職で採用される方法

プログラマー転職 プログラマー転職

プログラマーが転職活動をするときには志望先にどうやったら採用してもらえるのかが気になるでしょう。どんな観点で人材の採用の可否を決めているのが普通なのでしょうか。

その考察に基づいてどのようにすれば採用される可能性が高まるのかをわかりやすく紹介します。しっかりと対策を立てて志望先の企業に応募しましょう。

プログラマーの採用の可否を決めるポイント

どの企業でも求人を出すときには採用の目的を持っています。ある業務に携われる人材を採用するというのがまず基本で、プログラマーの採用ではそのために必要なスキルと経験を持っていることが重視されます。

使用を想定しているプログラミング言語は使えるか、そもそもプログラミング言語の選択からできるスキルはあるか、類似業務の経験はあるかなどといった点がよく注目されているのが一般的です。また、業務の環境についても経験の有無をよく見られます。

上司がいたか、部下がいたかというのが主な観点で、最近ではリモートワークの経験があるかも注目されるようになっています。

また、企業の風土や現場の雰囲気、上司や同僚との関係などを考慮して相性が良いかどうかも重要な判断基準になります。合わない職場で働いても本人がつらくなって離職するリスクが高いだけでなく、周囲にも悪影響を及ぼして現場の士気を下げるリスクがあるからです。

面接では特にこの観点を重視して現場に近い雰囲気で話をするケースもたたあります。特に中小企業では人数も少ないことから一人の新入社員が与える現場への影響が大きくなります。そのため、人柄を最も優先して採用の可否を検討することも少なくありません。

そして、本人がどのくらいこの企業で働きたいと思っているか、どのようにして企業に貢献できると思っているかが最終的には重要な観点です。企業にとって利益をもたらす人材でなければ採用しないというのが大原則だからです。

ただ自分のスキル生かせそうだからこの企業を選んだというのではなく、自分に何ができるから入社したいのかを具体的にイメージしているかが重視されます。そして、事業に興味関心を持っていて自発的に創意工夫をして貢献していこうという意志があるかどうかを見極めた上で採用するかどうかを決めているのが通例です。

プログラマーのポートフォリオってなに?
プログラマーを目指す人にとってポートフォリオを作成することは重要な事です。ポートフォリオによって採用担当者がその人のスキルや経歴をひと目で分かりやすく、自分にとってもアピールポイントを全面に押し出すことができます。しかし作り方にはある程度の...

選考を受けるときに重要なポイント

このような選考のあり方を理解すると、プログラマーが転職するときに採用してもらうのはかなり難しいのではないかと思うかもしれません。しかし、採用される方法さえ分かっていれば具体的な対策を立てるのは比較的容易です。プログラマーが採用を勝ち取るためには重要なポイントが三つあるので覚えておきましょう。

一つ目は自分のスキルや経験を広く網羅的に認識しておくことです。選考を受けるときには自分の持っているスキルや培ってきた能力、経験してきた業務を説明することになります。

自分が理解できていなかったとしたら採用担当者にわかってもらうことは不可能です。スキルの棚卸をしてリストにまとめるなど、工夫をしてできるだけ幅広い能力を持っているプログラマーだとアピールできるように準備しましょう。

二つ目は企業ニーズを読み解くことです。企業がどういう業務を任せようとしてこの求人を出しているのかを読み解いて、その適任者だとアピールするのが採用される方法の基本になります。求人に書いてある文言だけでは要求されているスキルや業務の概要がわかるだけで、具体的にどの事業の何を担当するのかまではわからないでしょう。

しかし、企業がどんな取り組みをしているかまで広く調査してみると現実が見えてきます。この準備をしていたかどうかが採用の可否を分ける重要なポイントとなっています。

三つ目はアピールポイントを厳選することです。企業ニーズがはっきりとわかるくらいになるとアピールしたいスキルや経験が多くなってしまいます。ただ、アピールポイントが多くなると、一つ一つの魅力に対する印象が薄まってしまいます。

また、他にも何かあるのかもしれないという気持ちが強まり、企業風土を合わない部分などのネガティブな面に気づかれるリスクも高くなるので、アピールポイントは1つか2つに絞り込むのが安全策です。

プログラマーが給料アップする方法は?_
プログラマーは収入が思っていたように上がらずに悩むこともあります。給料アップしたいと考えたときには何をしたら良いのでしょうか。 この記事ではプログラマーの給料の悩みを解決する方法を3通り紹介します。それぞれのアプローチの特徴とメリット...

採用されるための対策をしよう

プログラマーが採用されるには企業ニーズに合った人材だとわかりやすく伝えることが大切です。ニーズの把握には求人の内容を熟読するだけでなく、企業の取り組みや事業についても詳しく調べて理解する必要があります。

そして、面接などの選考を受けるときにはアピールポイントを絞り込んで魅力を伝わりやすくすることが大切です。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました