文系でもプログラマーに転職できる?

40代 未経験 プログラマー 転職 プログラマー転職

プログラマーと聞くと、専門性が高く、「理系じゃなければなれないのではないか」と、挑戦する前から諦めていませんか?結論からいうと、そんなことはありません。

実際は文系出身で現役のプログラマーとして働く人はたくさんいます。プログラマーとはどのような仕事なのか、そして、文系でも転職できるものなのか、仕事内容や市場に照らし合わせて紹介していきたいと思います。

プログラマーの仕事とは

プログラマーは、コンピューターに命令を出すのが仕事です。例えば、スマートフォンの「通話のボタンを押すと、電話がかかる」、「写真を撮るとこのフォルダに保存される」などといったことです。この動きは、プログラミング言語を使って、コンピューターに命令を出さなければなりません。

コンピューターは日本語を理解できないので、指示したいことを、コンピューターが理解できるプログラミング言語で命令する必要があります。つまり、プログラミング言語を使ってコンピュータに命令を出すのがプログラマーの仕事なのです。

プログラミング言語にはたくさんの種類があり、それぞれ特色があるので、必要に応じて使い分けます。プログラミング言語は書き方にルールがありますが、難しい数学や理科の知識はほとんど必要ありません。ですので、文系だからできないということはないのです。では、プログラマーに必要なこととはどういったものがあるのでしょうか。

おすすめのプログラマー転職サイトは?
以前とは違い、プログラマーとしてキャリアを積んで、給与ややりがいを求めて転職することは一般化してきました。 それに伴って転職サイトの数も格段に増えているので、どちらのサイトに登録すればよいのか迷う方も多いことでしょう。 それで、...

プログラマーに必要なこと

プログラミングには読解力が必要です。クライアントから「こんなイメージのものを作ってほしい」と依頼されたとき、ひとつひとつ細かいところまでは指示がないこともあります。そのようなとき、相手の意図をくみ取り、必要とされているものはなにかを自分で判断しなければなりません。

むしろ文系のほうが、読み取る力は養われているのではないでしょうか。そして、プログラミングには英語の読み書きの力も必要となってきます。

言語を書く際は日本語ではなく英語を使用しますし、プログラミングの新しい情報を探すときなどにも、英語が必要となります。ネイティブに話せる必要はありませんが、ある程度の読み書きは必要なのです。また、プログラミング業界は、情報が目まぐるしく変化します。

そのため、常に新しいものを学び、身に着ける必要があります。経験だけではうまくいかないこともあるのです。向上心をもち、学ぶ姿勢を忘れない、そんな人が文系・理系を問わず求められるのです。

また、根気よく問題を解決していく力も必要となります。プログラマーは、プログラミングの途中途中で、プログラムの動作に問題がないかを確認するテスト作業を行ないます。ここで動作がうまくいかないなどといった問題があれば、プログラミングをやり直す必要があります。

どこに問題があるかなかなか見つけられないこともしばしば起こります。何度もテストを繰り返し、ひとつひとつ問題を解決していくという作業を怠らず、完成するまで続けなくてはなりません。このように、プログラミングには根気強さが求められるのです。

プログラマーが転職で採用される方法
プログラマーが転職活動をするときには志望先にどうやったら採用してもらえるのかが気になるでしょう。どんな観点で人材の採用の可否を決めているのが普通なのでしょうか。 その考察に基づいてどのようにすれば採用される可能性が高まるのかをわかりや...

プログラマーへの転職

先ほど述べたように、プログラマーに必要なことは、文系・理系をあまり問わないということがわかります。つまり、文系だからプログラマーになれないということは決してないのです。転職サイトを見てみると、「文系・理系不問」や、「未経験歓迎」のプログラマー求人は数多く存在します。

業務に必要な知識や能力は、実務を通して身に着けることができるのです。しかし、経験がなく正社員になるのは不安という人は、まずアルバイトとして業界に入り、経験を積むという選択肢もあります。

転職する前にまずプログラミングがどういうものかを勉強してみたいという人には、インターネット上での無料学習ツールをおすすめします。プログラミングの学習教材は、ネット上に転がっていますので、コストをかけず気軽に始めることができます。

そこでもっと勉強してみたいと思えば、有料の教材や、プログラミングスクールに通ってステップアップしてみてはいかがでしょうか。プログラミングを学習できる環境はたくさんありますので、自分にあったものを選んでみてください。

文系だからと諦める必要はない

文系だからとプログラマーへの道を諦める必要は全くなく、むしろ挑戦できる環境はたくさんあります。経験や知識よりも、なぜプログラマーになりたいのかということが重要なのではないでしょうか。

プログラマーの道を本気で考えるのであれば、文系・理系にこだわるのではなく、恐れずに一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました