デザイナーからプログラマーに転職できる?

未経験者 プログラマー 転職 プログラマー転職

デザイナーからプログラマーに転職を検討する方も少なくありませんが、「あまり関係のない職業のような気もするけれど、上手く転職できるのか不安」という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、デザイナーからプログラマーに転職するためにすべきことや、デザイナーから転職する際におすすめの仕事について紹介していきます。

プログラマーになるために特別な制限はない

専門的な職業というイメージが先行して、なれる人はそう多くないと思っている方もいるかもしれませんが、プログラマーになるための制限は特にありません。プログラミングに関連した知識を有していれば、基本的には誰でもプログラマーとして活躍することができます。

ただし、未経験で知識もない状態でいきなりプログラマーになることはできないので、いくつかステップを踏む必要があります。

転職しやすいプログラマーの言語は?
コロナ禍のなかで在宅ワークという働き方が急速に大きく広がった昨今、IT業界におけるエンジニアは現在売り手市場となっています。エンジニアという職種の中でも比較的転職しやすいのがプログラマーです。 習得者も多く幅広い分野で使われているもの...

未経験の状態からプログラマーに転職する方法

プログラミングスクールに通う

既に社会人で仕事をしていて、その中でプログラマーへの転職を考えている方におすすめなのが、プログラミングスクールに通ってプログラマーになる方法です。スクールといっても大学や専門学校のことではなく、プログラミングだけに特化した民間のエンジニア養成教室のこと。

プログラミングスクールでは、プログラミングの歴史やプログラムにおける考え方を学ぶことはせず、学びたいプログラミング言語を集中的に学んで知識を身につけられるのが特徴だといえます。転職する際におすすめする理由は、多くのプログラミングスクールでは、学ぶだけでなく就職先の斡旋や転職に関するアドバイスなどもサポートしてもらうことができるからです。

プログラミング言語を学んでも、「この言語を生かせる仕事はなんだろう」と困る方は少なくありません。転職失敗に繋がる可能性もあるので、プログラミングを学び、学んだ言語を生かせる転職先を用意してもらえるのは大きなメリットです。

プログラマー向けの専門学校に通う

プログラミングスクールと似た方法で、専門学校に入学するという方法もあります。専門学校でプログラミングを学ぶメリットは、プログラミング以外の授業を受けることができるという点です。民間のスクールとは違ってあくまで学校なので、プログラミングの授業はもちろん、国語や英語などの基礎強化をはじめ、学校によっては体育などの授業を取り入れていることもあります。

学校生活を楽しめるのは、メリットの一つだといえるでしょう。また、プログラミングスクールと同じく就職のサポートもしてもらえるので安心です。

専門学校に通うデメリットは、費用が高いことでしょう。プログラミングスクールは基本的に授業料が100万円以下のところばかりですが、専門学校は数百万円以上の学費がかかります。

また、卒業までに2年以上かかるので、プログラミングスクールとは違い数カ月勉強してすぐに転職、ということはできません。時間と費用がかかるという点では、転職の際には適していない方法ともいえます。

独学で勉強する

プログラマーの中には、市販されている教科書やネットの情報を参考に独学でプログラミングを習得した方もいますが、あまりおすすめはしません。独学で勉強するメリットは費用が安く、自分のペースで勉強していけることですが、わからないところを講師や教師に聞くことができないは大きなデメリットです。

プログラミングは慣れるとそれほど難しく感じないものの、初めのうちは色々な単語を覚えるのに苦労するので、独学で勉強する場合、教えてくれるような人を探しておく方が良いでしょう。

デザイナーにおすすめの仕事プログラマーといっても、システムエンジニアやサーバー保守、ソフトウェア開発などさまざまな仕事があります。そんなプログラマーの中でもデザイナーにおすすめなのが、フロントエンドエンジニアという職種です。

フロントエンドエンジニアはさまざまな業務を行いますが、デザイナーに関係する仕事としてWebページ制作が挙げられます。ウェブサイトのレイアウトなどを考えるWebデザイナーがデザインした内容をもとに、プログラミング言語を駆使して実際にユーザーが利用するWebページを制作する仕事です。デザインを形作る仕事なので、デザイナーの経験がある方は楽しく仕事ができるかもしれません。

プログラマーにはデザイナーの経験を生かせる仕事もある

プログラマーになるためには、プログラミングスクールに通ったり、独学で勉強したりと、さまざまな方法があります。勉強する際にポイントとなるのが、どのプログラミング言語を勉強するかということ。デザイナーの経験や知識を生かすなら、フロントエンジニアなどWeb制作に関連したプログラミング言語を勉強していくのがおすすめです。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました