プログラマーの転職活動の現実について

プログラマー 転職 30代 プログラマー転職

ITが必要とされている社会になりプログラマーの需要は高騰していると言われています。需要があるなら転職もしやすいのではないかと考えるのがもっともなことでしょう。

プログラマーの転職活動の現実はどうなっているのでしょうか。この記事では転職活動の様子をわかりやすく説明した上で、プログラマーにとって役に立つ転職のコツを紹介します。

プログラマーの求人は豊富にある

プログラマーが転職する上では求人がどれだけたくさんあるかは重要な点でしょう。転職先の候補が多ければ魅力的な待遇で、やりたい仕事もできる職場を見つけられる可能性が高くなります。

さらに、もし応募して不採用になってしまったとしても、まだたくさん候補があるから大丈夫という前向きな気持ちを維持しやすいのもメリットです。現状としてはやはりプログラマーの需要が伸びている影響でプログラマーの求人は豊富にあります。

地域によって差はありますが、都市部であればかなりの数の求人を見つけることが可能です。この点ではプログラマーが転職によって理想を実現できると考えられる下地はできているとわかります。

プログラマーの転職活動の現実はつらい

ただ、プログラマーの転職活動の現実はつらいものです。確かにたくさん求人があるから理想的な職場が一つくらいは見つかると考えるのはもっともなことでしょう。しかし、プログラマーは専門性が高く、自分の持っているスキルで対応できる範囲は限られています。

自分の培ってきたスキルや経験を活かしつつ、自分の興味のある分野で働きたいと思うと候補が見つからないことも多いのです。また、新しいスキルを身につけたいという気持ちも持って転職するプログラマーも大勢います。そこまで希望すると本当に候補が全くなくて困ってしまうこともあるのが現実です。

さらに、企業も工夫をして求人を書いているので求人の記載内容を見ただけではどのような業務に携わるのかが判然としない場合がほとんどです。きっとこういう仕事ができるはずだと思って応募してみたら、全然違う仕事を担当させられると言われて諦めたというケースもあります。

このような事態を回避するために十分な情報収集と企業研究をするのは重要です。しかし、多くの現場で働いているプログラマーは忙しすぎて余力がなく、転職活動のために時間をあまり割けないで困っている場合が多いのが実態です。求人の比較検討をしているだけでもかなりの月日が経ってしまい、さらに企業研究までしているといつの間にか求人が取り下げられてしまっていることもあります。

人気の求人は競争になるので取り下げられるのも早く、あまり企業研究に時間を費やしていると応募するチャンスすら逃してしまうリスクがあるのです。このような厳しい現実を目の当たりにしながら転職活動に挑んでいるプログラマーが多いのが現実です。

効率的な転職活動をしよう

プログラマーの中で転職に成功している人は意外なほどに転職活動に時間をかけていない傾向があります。実は転職活動の効率化を重視してやりたい仕事に携われる職場に転職することができたプログラマーも増えているのが現状です。

厳しい現実があることを受け入れて、いかにして時間も労力も節約しながらうまく自分にマッチする転職先を探し出すかという観点で転職活動の進め方を検討しています。その結果としてよく選ばれているのがプログラマーやエンジニア専門の転職サイトを利用する方法です。

特化型の転職サイトは情報が集約されているので情報収集をするにも求人を探すにも無駄がほとんどないのがメリットです。求人からリンクをたどっていけば必要な情報が集まるため、短時間で応募すべきかどうかを判断できるようになります。

また、多くの転職サイトでは希望すればキャリアアドバイザーによるサポートを受けられるのも特徴です。自分で求人を探したり、企業情報を調べたりしている余裕がないプログラマーでも少し時間を取るだけでキャリアアドバイザーから希望に合う求人の紹介や候補先企業の説明を受けられます。このようなサービスを上手に活用することで効率的に転職活動を進めるのがプログラマーにとって重要になっています。

転職サイトを使って厳しい現実を乗り越えよう

プログラマーにとって需要があって求人が多いのは魅力的ですが、実際に応募したいと思うような求人はわずかなのが現実です。仕事が忙しい中で十分に調査をするのは難しいので、プログラマー専門の転職サイトを使うのが良い対策です。転職を思い立ったらキャリアアドバイザーのサポートも受けて効率的に転職活動を進めていきましょう。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました