プログラマーがブラック企業に転職しないために

プログラマー 転職 経験者 プログラマー転職

IT技術の目覚ましい発展が遂げられている現代では、これらの技術は日常生活に溶け込んでおり、触れることのない人はほぼいません。IT業界は大きく成長していることもあり、この業界で職を得ることで安定した生活を狙う人も多いでしょう。

転職をする際に気になることのひとつが、ブラック企業に就職してしまうことです。今回は、プログラマーとしてブラック企業に就職しないためのポイントについて紹介します。

プログラマーは転職しやすい

プログラマーとは、コンピューターを動かすためのプログラムを作る人のことであり、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを作成します。スマホやゲームのアプリケーションを作成するプログラマーもいれば、銀行や企業などのシステムを作成するプログラマーもおり、多種多様な場所で働くことが可能です。

またプログラマー人口が十分ではないため、比較的転職のしやすい職種と言えます。多くの企業では未経験でも採用し、自社でプログラマーを育成することもあります。

しかし、すべてのプログラマーを必要とする会社が健全な会社とは言えません。十分な研修もしていない未経験のプログラマーを、使いつぶすように働かせる会社もあります。

プログラマーとしてブラック企業に転職しないためには、ブラック企業かどうかを見極めること、そして、ブラック企業ではなく希望する職場に就職できるような技術や転職活動をすること、転職エージェントを有効活用することが重要です。

ブラック企業を見極める方法

ブラック企業にはいくつかの特徴があるので、求人情報から見極めることが重要となります。ブラック企業の求人の特徴としては、大量募集をかけているということや未経験者でも給与が高い条件であること、残業代が固定されていること、体育会系の人員を特に募集していることなどが当てはまります。

また、ブラック企業は社員の平均年齢が低いといった特徴もあります。これらのひとつでも該当すればブラック企業というわけではありませんが、複数当てはまる場合には注意が必要です。このほか、求人票以外にも会社の評判を調べることでブラック企業かどうかを判断することもできます。

大量募集をかけている

大量募集をかけている求人や常に求人を出している企業は、ブラック企業である可能性が高いです。常に多くの人材を募集しているということは、急激な速度で成長しているか、常に退職するスタッフがいるかのどちらかといえるでしょう。人材が成長しきる前にハードな仕事を科しているほか、労働環境が劣悪であるため、スタッフがすぐに離職してしまうということです。

未経験者でも給与が高い

未経験者は通常即戦力とはならないため、給与が高く設定されていることはあまりありません。しかし、未経験者でも高い給与を設定しているということは、高い給与で人材を釣り上げ、使いつぶす可能性があるということです。このようなブラック企業は、人材に余裕がないため、未経験者に対して十分な研修を行うことができません。十分な研修がないまま、無理な仕事を任せられることもあるので注意が必要です。

残業代が固定されていること

残業代が固定されていることをはじめ、裁量労働となっている場合は、著しく労働時間が長いといった労働環境が劣悪な可能性があります。このほか、育休や産休取得率、有給消化率が低い場合も、職場の雰囲気が休みを取りにくくさせている可能性が高いです。長時間労働をさせられがちなブラック企業です。

平均年齢が低い

スタッフ全体の平均年齢が低いのは、若い社員が定着せずベテランになる前に辞めていくからという理由の可能性があります。反対に平均年齢が高すぎる場合は、ベテランスタッフが幅を利かせ、若い社員に不当な対応をして辞めさせてしまっているからかもしれません。会社のスタッフの平均年齢が極端に低いか高い場合には、ブラック企業の可能性があります。どの世代の社員もまんべんなくいる会社を選ぶとよいでしょう。

体育会系を希望している

体育会系を特に募集している場合には、長時間労働を強いている可能性があります。あらかじめ長時間労働をさせるつもりのブラック企業であるため、はじめから体力に自信があり、長時間労働に耐えることができる体育会系を望んでいるというわけです。

会社の評判

会社の評判は様々な部分から知ることができます。会社の元スタッフからの評判や現役のスタッフからの評判、会社を利用した顧客からの評判が悪いということは、ブラック企業である可能性が高いです。

ブラック企業に就職しないためには

ブラック企業に転職しないためには、ブラック企業を見抜くとともに、希望する転職先に転職できる能力と転職活動をすることが必要です。プログラマーへの転職では、正社員になるためには実務経験が重要視されます。そのため、未経験から転職したい場合には、派遣社員やアルバイトで実務経験を積んでから、本格的な転職活動をするとよいでしょう。

未経験者がより希望の転職先へと就職するためには、技術を身につけることが一番です。プログラミングスクールに通うほか、ハローワークの職業訓練を活用したことを転職活動でアピールするとよいでしょう。また、どのような企業であっても、社会人経験やコミュニケーション能力は重視される傾向にあります。

中途採用の場合ならば、それまで培ってきた社会人経験をどのように活かすことができるのか、コミュニケーション能力、ビジネススキルがあることをアピールすれば、転職に有利です。

プログラマーの転職の際には、転職エージェント選びも重要となります。プログラマー専門のエージェントを活用すれば、より専門性の高い情報とアドバイスをもらうことができ、転職活動に有利に働くでしょう。複数の転職エージェントを活用することも有効です。

ブラック企業を見極めて上手な転職活動を

プログラマーは需要が高く、様々な企業で必要とされていますが、ブラック企業につかまる可能性も高い職業です。ブラック企業につかまらないためには、ブラック企業の特徴を知り、求人広告から見極めることが重要となります。

それと同時に企業に良いと思われる人材となるために、知識と技術を身につけるとよいでしょう。専門の転職エージェントも活用して、ブラック企業に騙されないうまい転職活動をしてください。

IT業界の転職『マイナビIT AGENT』

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。
IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案します。

プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました