オープン系プログラマーの転職について

プログラマー 転職 未経験 岡山 プログラマー転職

「顧客情報の管理」や「データベースの作成」を中心に行うオープン系プログラマーは、転職をしやすいのでしょうか?

オープン系プログラマーとして経験を積む以外にキャリアパスがあるのか気になるという人もいるはずです。

本記事では、オープン系プログラマーが転職をする際に必要なことと将来的なキャリアパスについてご紹介します。

オープン系プログラマーの転職事情

プログラマーは、スキルアップやキャリアアップを目指す転職は歓迎される傾向にあります。そのため、オープン系プログラマーもどちらかといえば転職はしやすいといえます。まずは、オープン系プログラマーの転職事情を見ていきましょう。

若手は歓迎

オープン系プログラマーは、IT系の人材の中でも若手が不足している職種といわれます。20代でプログラミングのスキルがある人やオープン系プログラマーとして経験者は、求められている人材です。経験が浅い若手の場合、即戦力にならないのでは?と不安視する人はいるでしょう。

若手を積極的に採用している企業では、人材育成を重視しています。オープン系プログラマーは若手も転職しやすい職種といえます。

ベテランはスキルが重視される

ミドル層のオープン系プログラマーが転職をするには、若手とは違いスキルが重視されます。自分が担当している言語だけでなく、業界のトレンドについても精通していなければなりません。

また、新人や若手への指導を行うこともあるので、指導経験がある人材が求められています。経験者の転職は、プログラミング能力だけでなく統率力や判断力といった「ヒューマンスキル」も必要です。

キャリアチェンジも可能

オープン系プログラマーの扱う言語というのは汎用性が高いため、他のプログラマーへの転職もしやすいといえます。データベースの構築経験を活かして「WEB系」や「汎用系」といったプログラマーへの転職も可能です。キャリアアップを目指すのであれば、システムエンジニアとしての道も開けています。

デザイナーからプログラマーに転職できる?
デザイナーからプログラマーに転職を検討する方も少なくありませんが、「あまり関係のない職業のような気もするけれど、上手く転職できるのか不安」という方もいるのではないでしょうか。 ここでは、デザイナーからプログラマーに転職するためにすべき...

オープン系プログラマーのキャリアパスとは?

転職を考える人のなかには、オープン系プログラマーの将来が不安という人もいるかもしれません。転職をしたとしても将来のキャリアビジョンが見えてこないと心配になります。ここでは、オープン系プログラマーのキャリアパスについてまとめていきます。

アーキテクト

オープン系プログラマーは構築部分を担当することも多いので、システム設計を行う「アーキテクト」といったスペシャリストを目指すことも可能です。アーキテクトになるには、顧客管理システムやデータベースの制作実績があり、言語やセキュリティ関係にも精通していることが求められますが、オープン系プログラマーとして実績をあげることで、将来的にはアーキテクトやスペシャリスト人材として転職をすることもできます。

システムエンジニア

オープン系プログラマーの仕事をしていく上で上流工程を目指すという人も出てくるでしょう。その場合、キャリアの構築をしやすい仕事がシステムエンジニアです。最初は下流工程としてテスト業務やシステムの構築を行うことになりますが、経験を積んで上流工程の担当者になれば、システム開発や設計もできます。

プログラマーからシステムエンジニアに転職をして、開発担当者を経験することで、最終的には管理職やコンサルタントといったマネジメント部門への道も開けます。

オープン系プログラマーが転職をするのに必要なことは?

転職というと「資格」や「スキル」がないと実現しにくいイメージがあります。転職において必要なことはそれだけでしょうか?オープン系プログラマーが転職を目指す場合、身に付けておいた方が良いことについて説明していきます。

専門知識を身に付ける

プログラミング能力やシステムに関する知識は身に付けるのは常識といえます。オープン系の領域だけでなく他の領域に関することについても勉強をしておくと転職は実現しやすくなります。上流工程を目指すのであれば、プログラミング関係や情報処理関係の資格取得を目指して勉強する必要性もあります。転職を目指すのであれば、専門知識をしっかり身に付けることが大切です。

人間力も大事

転職で大事なのはスキルだけではありません。礼儀作法などの社会人としての一般常識も問われます。オープン系プログラマーの仕事は、チームで行うことも多く現場でのコミュニケーション能力も求められます。システム構築では、1つのミスが命取りになることもあるので、仕事における注意力や集中力、細やかな気遣いができることも大事になります。オープン系プログラマーが転職を実現するには、専門的なスキルだけでなく人間力も見つけるようにしましょう。

オープン系プログラマーは転職でキャリアアップも目指せる仕事

オープン系プログラマーは求人の需要も多く、年代を問わず転職はしやすい職種と言えます。業務に携わりながら様々なプログラミング言語を身に付けられるので、オープン系プログラマーとしてキャリアを構築することも可能です。システムエンジニアやスペシャリストといった上流工程へのキャリアパスも実現しやすいため、転職でキャリアアップが目指せる仕事といえます。

文系でもプログラマーに転職できる?
プログラマーと聞くと、専門性が高く、「理系じゃなければなれないのではないか」と、挑戦する前から諦めていませんか?結論からいうと、そんなことはありません。 実際は文系出身で現役のプログラマーとして働く人はたくさんいます。プログラマーとは...
プログラマー転職
プログラマー転職専門家が監修
山中のぼる
1985年6月生まれ
東京都出身

大学卒業後、大手人材サービスに就職。
その時にプログラマー専門の転職支援に従事し専門部署の立ち上げ。
プログラマー転職支援はこれからさらに求められると確信し独立。
現在はプログラマー専門の転職コンサルタントを行う。

未経験からプログラマーへ【GEEK JOB】

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び、自らサービスを創り出す人を増やすという、事業ミッションのもと第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。
参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしておりますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラマー転職のことなら【プロ転】公式サイト
タイトルとURLをコピーしました